fc2ブログ

こらよか!

よしゆきパパの日常ですたい。 まあみちゃってんなさいや。

19日、高取小学校全体同窓会の役員会新年会がありました。





20240119同窓会新年会ブログ用 (18)

20240119同窓会新年会ブログ用 (13)

20240119同窓会新年会ブログ用 (50)

20240119同窓会新年会ブログ用 (1)




久しぶりに参加でき楽しいひと時でした。

詳しい内容はこちらに書きましたのでよかったらご覧くださいませ。


【令和6年度同窓会総会役員会の新年会:開会~乾杯・歓談編】
https://takatori20.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

【令和6年度同窓会総会役員会の新年会:歓談~自己紹介編】
https://takatori20.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

【令和6年度同窓会総会役員会の新年会:歓談~校歌斉唱~閉会編】
https://takatori20.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

【令和6年度同窓会総会役員会の新年会:二次会編】
https://takatori20.blog.fc2.com/blog-entry-47.html





今日もおいでくださり感謝感激。
よろしければ「拍手」をポチッとクリックお願い奉りまする~<(_ _;)>
スポンサーサイト



久しぶりに6年4組の男子会ばしたとです!

高取小学校20期生6年4組で同級やった諸石君・棚町君・川島の3人。

このメンツで集まるとは2021年に池先生のお参りのため東長寺に行った時以来やけん2年半ぶりくらいたい。





一次会は西新の焼き鳥屋「元気」
久しぶりの再会を祝してカンパーイ!

20240112男子会 (1)





「元気」に来るのも5~6年ぶりやな。
この豚バラが食べたかったとです。

20240112男子会 (2)





快調に飛ばす棚町君。

20240112男子会 (3)




持参したアルバムでクラスについて話す諸石君。
クラス会も大分開いてないけん、今年は全体同窓会総会もある事やしやりたかばい。

20240112男子会 (4)





「元気」名物の豚足。絶品ばい!

20240112男子会 (5)





二次会は同窓生の中西さんがやっとる「あやめ」で。
「あやめ」も久しぶりやなあ。

20240112男子会 (6)





「あやめ」には中西さんの娘さんのリサさんが手伝いに来とった。
お母さんに似て美人たい。

20240112男子会 (7)

20240112男子会 (8)





偶然「あやめ」に中学校の同窓生も。
2019年にあった同窓会以来やけん5年ぶりばい。
棚町君と楠本君。

20240112男子会 (12)





有光君・古賀君・久間君。

20240112男子会 (13)





みんなで記念撮影。
中学校のみんなも会いたかあ。

20240112男子会 (9)





リサさんは良か歌声ば聞かせてくれたとです。
お母さんが元スクールメイツやけんDNAば受けついどる。

20240112男子会 (10)

20240112男子会 (11)





お開きになって帰る頃は、諸石君も棚町君も出来上がっとった。もうベロベロ。
ばってん久しぶりに3人が顔ば合わせられ騒いで楽しかひと時やったとです。

20240112男子会 (14)

来週は高取小学校全体同窓会幹事会の新年会ばい。
コロナが落ち着いて皆が顔ば合わせられるとは何よりたいね。
正月から「令和6年能登半島地震」やら大ごとが続いとうばってん、何とかこれ以上何も無か年になってほしかです。






お越しくださり恐悦至極にござりまする。
よろしければ「拍手」をポチッとクリックお願い奉りまする~<(_ _;)>
メールマガジンからの転載ですたい。

見てやっちゃんなさいや。(見てやってくださいな)



------------------------------------ 



今日は昨年のうちに、別の記事を仕込んでいたのですが緊急に記事を差し替えました。

昨日は昼から4年ぶりに親族が集まり新年会を行いました。

娘が孫を連れてきてくれ初お目見えで、更に仕事のはずだった娘の夫も参加でき、本当に幸せで和やかなひと時でした。

そして16時になり片づけを始めて終わりかけた頃に「能登で震度7の地震発生」のニュースがみんなのスマホに。

慌ててテレビを付けたら大きな被害が出ている事が判り、おとそ気分も吹っ飛びました。

「令和6年能登半島地震」と名付けられたこの地震、能登半島・穴水(あなみず)町の北東42kmで発生。

地震の規模はマグニチュード7.6で、同じ能登半島の羽咋(はくい)町で震度7を観測しています。

震度7を記録したのは2018年の北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)以来。

直後に能登半島を中心に大津波警報が発令されました。

大津波警報の発令は13年前の東日本大震災以来です。

そして日本海沿岸には1m前後の津波が到来しました。

また石川県・富山県・新潟県などで自身による建物の倒壊など、大きな被害が起きています。

ただ(表現は適切ではないかもしれませんが)地震の規模に比較して人的被害が大きくないようです。

勿論被害に会われた方は深刻でしょうし心配ではありますが。





「令和6年能登半島地震」と名付けられた今回の地震の震度分布

令和6年能登半島地震 (1)





大規模に炎上する輪島市内

令和6年能登半島地震 (1)






この地震の報道を見ていて、改めて時間を有意義に過ごそうと思いました。

「令和6年能登半島地震」の地震の規模を表すマグニチュードは7.6でした。

これは内陸型地震としてはかなり大きな規模であり、これも不謹慎かもしれませんが、よくこの程度の被害で済んだなと思います。

「令和6年能登半島地震」と比較的近い規模の地震のマグニチュードを調べてみました。

1995年の阪神淡路大震災がマグニチュード7.3。

2005年の福岡西方沖地震がマグニチュード7.0。

2016年の熊本地震がマグニチュード7.4。

今回はマグニチュード7.6なので、上記地震よりも規模が大きいわけです。

ところでマグニチュードはエネルギーを表す指標で、様々なエネルギーを対数として計算表示します。

マグニチュードは1つ違うとエネルギーは32倍になります。

そこで上記地震を今回の「令和6年能登半島地震」と比較してみると、

阪神淡路大震災の2.82倍。

福岡西方沖地震の7.94倍。

熊本地震の2倍。

と言った規模が今回の「令和6年能登半島地震」と言う事になります。





福岡西方沖地震で破損した福岡ビル。
被害は死者1人・被害総額528億円。

令和6年能登半島地震 (5)





熊本地震で大きなダメージを受けた熊本城。
死者267人・被害総額4.1兆円。

令和6年能登半島地震 (2)





阪神淡路大震災で倒壊した阪神高速陸橋と炎上する神戸市。
死者6,434人・被害総額11.7兆円。

令和6年能登半島地震 (3)

令和6年能登半島地震 (4)






今回の地震は能登半島で発生しました。

マグニチュードがこれだけ大きかったにもかかわらず、人的被害が少なかったのは幾つか理由が考えられます。

まず「東日本大震災」の教訓で津波に対する教育が徹底されている事。

能登地方では一昨年から群発地震が起きていて避難訓練が頻繁に行われていた事。

そして現地の人には本当に申し訳ない話なのですが、被災した地域が人口過疎地帯だった事。

特に3番目の理由が大きいと思われます。

能登半島は2404平方キロメートルで、東京都の2194平方キロメートルより広い。

しかし人口は東京都が1400万人に比べて能登半島は16万5千人。

石川県全体でも110万人、富山県で100万人ですから東京の人口密度とは比較になりません。

能登半島周辺は工業地帯も少なく、日本経済に与える影響も限定されます。

と言う事はもし「令和6年能登半島地震」と同クラス・マグニチュード7.6の地震が東京都など人口密集地域を襲ったら?

「令和6年能登半島地震」の半分のエネルギーだった阪神淡路大震災でも死者6千人以上・11兆円の被害でした。

被害はとんでもなく拡大し日本経済は大混乱に陥るでしょう。



13年前の「東日本大震災」はマグニチュード9.0でした。

このマグニチュードを「令和6年能登半島地震」のマグニチュードと比較するとどうなるか?

「東日本大震災」は「令和6年能登半島地震」の125倍!

「東日本大震災」は今回の地震125個分に相当した、とてつもない規模だった事がお判りでしょう。

そして脅かすわけではありませんが、「首都圏直下型地震」とか「南海トラフ巨大地震」も発生が懸念されています。

まさか人々が穏やかに過ごす元日に、大きな地震が起きるなんて誰も思っていなかったはずです。

しかし自然は人間の都合なんかに頓着してはくれません。

起きる時にはタイミングなんて関係なく起きるのが大地震です。

それを考えると時間がいかに貴重であるか、ヒシヒシと伝わってきませんか?






今日もおいでくださり感謝感激。
よろしければ「拍手」をポチッとクリックお願い奉りまする~<(_ _;)>
4年ぶりに開催した親族が直に顔を合わせられた新年会。
初孫・悠月ちゃんの初お目見えで、最高に幸福なイベントになったとです。
が、最後の最後にきて衝撃的な出来事が。
恐らく歴史に永遠に残る元日になってしもうたとです。
とにかく記事ば見ちゃってやらっしゃれんですか。





悠月ちゃん一家が帰って時間も終了予定時刻の4時になったけん、新年会もお開きとなり後片付けに入ったとです。
うちの息子たちは自立ばしとって片付けば厭いませんけん、頼もしか限りですばい。

20240101新年会後片付けと地震発生 (1)





コンビネーションもバッチリでスムーズな片付けができましたたいね。
何せ店頭でダメージを負っている、90歳間近のばあちゃんが暮らせる環境ば復元せんといかんですけんね。

20240101新年会後片付けと地震発生 (2)





で、後片付け作業も終了したところで、それぞれのスマホに緊急速報が!
ご存じ4時10分過ぎに発生した「令和6年能登半島地震」のニュースが飛び込んできたとです!
直ぐにテレビをつけ見入る面々。
まさか元日に大地震が発生するやら、日本人は全員考えてなかったろうけんインパクトは強烈やったですたいね。
新年会のお屠蘇気分、そして悠月ちゃんの初お目見えが吹き飛ぶくらいの衝撃!

20240101新年会後片付けと地震発生 (4)




こちらネット上にある気象庁の地震速報データを標示した画面。
この時間、判明しとるマグニチュードは7.4やったばってん、ご覧の通り北は青森から南は鹿児島まで震度2~3やったとです。
実は翌日、弟夫婦が息子夫妻の住む沖縄に行く予定やったとですたいね。
そやけん大丈夫やろうかと心配したばってん、幸いこの速報データが大げさでしたばい。

20240101新年会後片付けと地震発生 (3)

そら津波の心配やらあるけん、想定外を作らないためにも大げさに表示されたとかも。
ばってん、よう見たら13年前の「東日本大震災」に匹敵する揺れの強さと範囲やけんね。
マグニチュード9.0の「東日本大震災」は、マグニチュード7.6の「令和6年能登半島地震」の125倍やけんさすがにこの震度(揺れの強さ)表示はちょっと無かでっしょう。
いずれにしても天災は人々の暮らしには一切頓着せん!という事を実感した元日になりましたばい。
とにかく被災された方が、自損側に心理的にも物理的にも救済される事ば強く願っとります!

いやあ最後までインパクトの強か親族新年会でしたばい。
間違いなく生きているうちは絶対忘れられない一日になりましたやんね。
今年はしょっぱなから強烈やばってん、とにかく親族が穏やかに暮らせる1年になって欲しかです。
でもって来年2025年も同じごと、親族が集える新年会がやりたかですばい!
と言うわけで皆さん本年もよろしくお願いいたします<(_ _)>





今日もおいでくださり恐悦至極。
よかったら「拍手」をポチッとクリックくだされば有り難く存じまする。
4年ぶりに開催できた親族の新年会。
いよいよ新年会のハイライト、初孫・悠月ちゃんのお目見えですたい!
いやもうこれが半端ない破壊力で、登場と同時に彼が全部持って行ってしまいましたばい(笑)。
とにかくじっくり見てやらっしゃれんですか。





昨日、長女のめいは体調不良で参加が危ぶまれとったとです。
ばってんなんとか復活してくれ参加してくれたですとたい。
しかも仕事で不参加やった旦那のたなも来てくれたとですたいね。
無論、初孫である悠月ちゃんも堂々の登場!

IMG_6560.jpg

IMG_6563.jpg





仏壇でナムナムするお二人さん。

IMG_6568.jpg





悠月ちゃんの御気色が麗しいうちに記念写真を撮る事に。
ぞろぞろ現れる大人を見ても彼は全く動じませんでしたばい。

IMG_6570.jpg





んで記念撮影。

20240101新年会集合写真640





その後リビングに戻り食事に。

IMG_6576.jpg





聞けば悠月ちゃん、既に7kgば超えとるげな。
平均より1kgオーバー。
道理でデンと構えとるわけや。

IMG_6577.jpg





じいちゃんも初抱っこさせてもろうたとです。
子ども達4人の赤ちゃん時代を知っとえうばってん、それとは印象が全く違ったですとたい。
やし、生後3カ月ちょっとで7kgやけんずっしり。
めいの腰がやられんか心配になりましたばい。

IMG_6579.jpg

IMG_6580.jpg

IMG_6581.jpg





悠月ちゃん、2時間近くおったばってん泣いたとは2回だけ。
もうね貫禄十分の大物ですたい。

IMG_6583.jpg





両親のお二人さん。
これからも大変やけど、仲睦まじそうやったけん大丈夫やろうなと思えましたばい。

IMG_6587.jpg





大勢を前にしても悠月ちゃんは泣かんやった。
キモが太かとやろう(太いんでしょう)

IMG_6585.jpg





母ちゃんに遊んでもらう悠月ちゃん。

IMG_6596.jpg

IMG_6597.jpg





じいちゃんも相手させてもろうたとですばってん、怯えたりは一切無し。
目力があって好奇心旺盛そうやな。
ギロッて音が聞こえそうやった(笑)

IMG_6602.jpg

IMG_6604.jpg

IMG_6600.jpg

IMG_6606.jpg





母ちゃんにあやされる悠月ちゃん。
長女だっためいは3人の弟の母親代わりみたいなもんやったし、母ちゃんは保母やし、東京のばあちゃんも子供大好きやったけん、子育てのDNAはタップリあるんやろうんな。
彼女の悠月ちゃんへの振る舞いを見とってそげん確信しましたばい。

IMG_6627.jpg

IMG_6630.jpg

IMG_6609.jpg





いやしかし赤ちゃんは最高の絆結びコンテンツやな。
可愛いし一挙手一投足だけでその場を全部持っていけるけんですね。
どげんしても、これにゃ抵抗できんばい。

IMG_6633.jpg





で、次のステージもあるとの事で、時刻になったので一家でご退場あそばしましたとです。

IMG_6643.jpg

いやしかし、4年ぶりの親族新年会を開けただけでも幸せなのに、悠月ちゃんの初お目見えで最高のイベントになりましたばい!
少子高齢化・人口減少・不況やら世界各地での戦争・政情不安等もあるばってん、何とか悠月ちゃんの未来が平和で幸せであってほしいと願わずにゃいられんやったですばい。

ちゅうわけで「悠月ちゃん、猛威を振るう編」はお終い。
この後衝撃的な出来事が待っとったとは露知らず、やったとです。
次回「後片付けと地震編」に続きますけん、見ちゃってやりんしゃれんですか。(みてやってもらえませんか)






今日もおいでくださり恐悦至極。
よろしければ「拍手」をポチッとクリックお願い奉りまする~<(_ _;)>