FC2ブログ
こらよか!
よしゆきパパの日常ですたい。 まあみちゃってんなさいや。
プロフィール

よしゆきぱぱ

Author:よしゆきぱぱ
1958年12月29日生まれの57歳。
千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
マセラティ・クアトロポルテ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決まりみたいですね、どうも。
これ、決まりみたいですね、どうも。

【卑弥呼の死亡時期と合致、「奈良の箸墓古墳」】
-邪馬台国畿内説と九州説に一石を投じる結果に…国立歴史民俗博物館-

箸墓古墳

纏向遺跡といい、こんだけいろいろ出てくるとても偶然とは思えませんもんね。

だいたい高速道路も飛行機もインターネットも無い、
2~3世紀にこれだけ労働力や文化を集積させるって、
ものすごい権力が無いと不可能なわけで。

その当時、あっちにもこっちにもこんな権力が存在したとは、
とても思えませんわな。

少なくとも弥生時代の奈良県は、
間違いなく日本の中心地だったんでしょうね。
それが邪馬台国と言う名前かどうかは別としても。

だいたい邪馬台国って中国の書物にしか名前が無いわけだし、
読み方だって本当のところはどうだかわからんでしょう。

卑弥呼にしても、権力者が自分から「卑しい」って字を使うか?
書いた国が中華って表現する国ですよ。
しかも明らかに日本の方が後進国だった。
当時の日本の権力が自分たちをなんと呼んでいたかなんて、
その当時まで行ってみないとわからんのじゃないかと。

しかし現代科学の力は凄いもんです。
今から1700~1800年前の出来事を10年前後の精密さで解析できるとは。



スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。