こらよか!

よしゆきパパの日常ですたい。 まあみちゃってんなさいや。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
2005年に「iPhone 4」ば買うてから、
既に5年が経ってですね。
新しかスマホがバ~ンバン出よるやないですか。
「iPhone 4」じゃもう付いていけん(´ヘ`)=з
そげん思うごとなって、
遂に買ってしもうたとです!
「iPhone 6 Plus」



左の大きいのが「iPhone 6 Plus」ね。

「iPhone 6 Plus」商品写真




契約はdocomoでしたとです。
ガラケーやWi-Fiルーターもdocomoやけん。
自宅に持ち帰った「iPhone 6 Plus」が入ったdocomoの袋。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用




中にはこれだけ。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (1)




10ページくらいのマニュアルと本体だけ。
相変わらずAppleはあっさりしとる。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (2)




真っ白な箱のわきに「iPhone 」のロゴ。
これがなかったら何の箱やらわからんばい。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (3)




箱のふたを開ける。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (4)




ん?「iPhone 6 Plus」の下に取っ手が。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (5)




おお、ここに電源ケーブルやらが入っとうばい。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (6)




本体と付属品ば取り出したところ。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (7)




「iPhone 6 Plus」は大きいばってん、
厚みは8mm程度しかなかとです。
そやけん頑丈なケースが必需品。
今回チョイスしたとはこれ。
本革製でAmazonの評価も高か。
「SHIELDON iPhone 6 Plus 用 ケース 」

「iPhone 6 Plus」ケース




こちらケースの箱。
何やら立派。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (8)




ふたを開ける。
さらに袋に入っとる。さすが本革製、厳重やな。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (9)




袋から取り出したところ。
ぱっと見、手帳のように見えるばい。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (10)




ケースを開いたところ。
右側のくぼみに「iPhone 6 Plus」が収まるとです。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (11)




嵌め込んでみました。
うん、きっちり嵌まり込みビクともせん。
こらよか(^ω^)

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (12)




右側から見たところ。
電源スイッチ部分。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (13)




下から見たところ。
真ん中の穴に電源ケーブルがはまるとです。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (14)




左側から見たところ。
見えているのは音量調節ボタン。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (15)




全体はこげな感じ。
ふたにはカードが入れられるばってん、
ふた自体に磁石が仕入れてあるとです。、
そやけん、カードが入れておったら、
磁気でデータが消えてしまいかねんとですたいね。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (16)




新しい「iPhone 6 Plus」と、
今まで使っとった「iPhone 4」。
大きさは大人と子どもばい。

20150618「iPhone 6 Plus」ブログ用 (17)

まだ手に入れたばっかりやけん、
これからじっくり使いこなしていきますたい。
機会があったら記事ば書きますけん、
読んでやりんしゃらんですかd(^ー^*)




お越しくださり恐悦至極にござりまする。
よかったら「拍手」をポチッとクリックくだされば有り難く存じまする。
スポンサーサイト
このページのトップへ
今年、まだ池先生(小学校の恩師)のところに顔を出しとらんやった。
今日天気が良かったので、ブラブラ歩きながら訪問。

んんで、あんまり晴天やったけん、
iphoneで写真を撮ることに。
これがあーた、すごすぎるとですばい。
ご覧じろ。






まず、行き道。金屑川(かなくずがわ)から油山方向。
鳥が飛んでいるのがくっきりはっきり~

「iphone」恐るべし






これは室見新橋から百道浜方面。
この抜けるような空。
(もちろんレタッチやらしとらんです)

「iphone」恐るべし (1)






先生宅の近くにある姪浜(めいのはま)ステーションタワー。
このパースフフェクティブ(奥行き感)!!
さらにエッジが見事に効いた輪郭!!
デジタル一眼レフカメラで撮ったと言っても、
信じる人がおるっちゃないかいな?
そげん思うほどのデキと思いんしゃれんですか?
                 (おもわれませんか)

「iphone」恐るべし (2)

「iphone」恐るべし (3)







地下鉄姪浜駅の南口。

「iphone」恐るべし (4)






西区役所入り口バス停付近から姪浜駅方向。

「iphone」恐るべし (5)







小田部(こたべ)大橋から姪浜方面。

「iphone」恐るべし (6)






小田部大橋から原方面。

「iphone」恐るべし (7)







原北中学校入り口付近から福重(ふくしげ)方面。

「iphone」恐るべし (8)






原北中学校入り口付近から原方面。

「iphone」恐るべし (9)






原交差点手前で救急車が。
これもくっきりはっきり~!

「iphone」恐るべし (10)

写真は光というばってん、
晴天がここまでiphoneにいい写真を撮らせるとは。

行き帰りで気がついたら320枚も撮影しとった。
それでもバッテリーは半分強くらいにしか減っとらん。
しかもここまで切れ味鋭い写真を大量に撮って。

iphoneには手ぶれ補正が付いとらんばってん、
少なくとも晴天の野外は必要なかばい。
いや今更ながら、iphone、恐るべし!






毎度のお越し、ありがとうござんす。
良ければ「拍手」をポチッとクリックいただけませぬかのう。

このページのトップへ
iphoneはスグレモノの情報端末やけど、
タッチパネルで入力が面倒。
画面上のキーボードが小さいから、
直ぐに打ち間違える。

なのであんまり入力する気にならんとです。
おかげでメールには、
ほとんど使っとらんやったとですばってん。

いや、iphoneにも勝るとも劣らん、
超絶ツールば発見しましたばい。
これ!

エレコム・ポータブルキーボードTK-FBM032BK

yk112.jpg





Bluetoothという通信システムで、
無線でiphoneに接続できるとです。
んでもって、キーボードで入力できるとですよ!

善は急げ!
という事でやってきました、ポータブルキーボード君

ポータブルキーボードブログ用





箱を開けてみると・・・

ポータブルキーボードブログ用 (1)





入ってたのはこんだけ。

ポータブルキーボードブログ用 (2)





ビニールから出したところ。
一見、何なのかわらんやろ?
左がケースで右が本体。
上はマニュアル。

ポータブルキーボードブログ用 (3)





これが本体。

ポータブルキーボードブログ用 (4)





縦から見ると二つに割れるようになっとります。

ポータブルキーボードブログ用 (5)





で、開いたところ。
中にはキーボードが。
でも、離れ離れに・・・大丈夫かいな?

ポータブルキーボードブログ用 (6)





ご安心召され。
キーボードの右を押してやると、
右側のキーボードがスライドして一つに!
なかなか考えとるやんけ。

ポータブルキーボードブログ用 (7)

ポータブルキーボードブログ用 (8)





これがどのくらいの大きさかと言うと、
いつも使いよるフルサイズのキーワードと較べると、
こげな感じになりますとたい。

ポータブルキーボード君






早速使うために電池を入れる。
左上に電池入れがあるとです。

ポータブルキーボードブログ用 (9)






電池ば入れたところ。
電池は単3ですたい。

ポータブルキーボードブログ用 (10)





次はiphoneとの接続(ペアリングといいます)ですたい。
左上はBluetooth機器と接続するためのペアリングボタン。
右は電源スィッチ。

ポータブルキーボードブログ用 (13)





電源スィッチON。
ポータブルサイズやけんちょっとやりにくかとです。
まあ、この大きさやけん、しょんなかたい(仕方がない)
電源が入ると上の緑にインジケーターが光るとです。

ポータブルキーボードブログ用 (14)





今度はペアリングボタンを押す。
やはり上の緑のインジケーターが点灯。
これでBluetoothが接続状態に。

ポータブルキーボードブログ用 (15)





次にiphone側でポータブルキーボードを接続するための、
Bluetooth設定を行うとです。
まずホーム画面の「設定」をタップ(指で触れる)。

ポータブルキーボードブログ用 (16)





設定画面が開くので「一般」をタップ。

ポータブルキーボードブログ用 (18)





一般のページが開く。
そのなかにしっかり「Bluetooth」があるとですたい。
これをタップ。

ポータブルキーボードブログ用 (19)





「Bluetooth」のページに入るとです。
「Bluetooth」は最初はオフになっとるけん、
ここをタップしながらスライドしてやると・・・、

ポータブルキーボードブログ用 (20)





「Bluetooth」がONになりますとたい。
そして、おおお!
直ぐにポータブルキーボード君の型番、
TK-FBM032BKが表示されるっ!
こらすごか!

ポータブルキーボードブログ用 (21)





そこでポータブルキーボード君のモデル型番、
TK-FBM032BKをタップしてやると、
こげな表示が。
パスワードを入れるということやな。

ポータブルキーボードブログ用 (23)





表示された数字を、
ポータブルキーボード君から入力してやると、
表示が「接続されました」と出たっ!
これでBluetooth接続完了ですたい!
ここまで、ものの3分もかかっとらん。
いやiphoneもBluetoothもポータブルキーボード君もすごか!

ポータブルキーボードブログ用 (24)





接続できたので早速、
ポータブルキーボード君を使って入力テスト。
メールを打ち込んでみたら、

ポータブルキーボードブログ用 (28)





もう、サックサクに入力できるとです!
キーボード自体が小さいけん、
ちょっと注意は必要やばってん、
タッチパネルの入力し難さに較べたら月とスッポン!
最高ですばい!

IMG_0108_20111006161217.jpg





Bluetooth機能があるモバイルツールにゃ、
これ必需品といってもよかですばい!
タッチパネル入力のやり難さから解放されるとやけん、
能率が段違いにアップすると思わんですか。
コイツは日本語表示キーボードですばってん、
英語表示もあるけん、好きな方ば選べばよかです。

ipad2にもBluetooth機能があるけん、
早速繋いだらこれもあっけないくらい簡単!
いやいや、Bluetooth恐るべし!

あ、ただ機種によってはBluetoothのバージョンが違い、
使えないものもあるので購入前によく確かめてやらっしゃれんですか。
(一番いいのはエレコムに問い合わせるとがよかでしょう)

とにかくこれ買って大正解やったです!
スマートフォンとかタブレット型パソコンを持つ人は、
いっぺん検討して損はなかですばい!
ほんなごつ、こらよか!
(本当に、これは良い!)





今日もお運びくださり恐悦に存じまする。
良かったら「拍手」をポチッとクリック願えませぬか。
このページのトップへ
昨年12月に購入してから、
iphoneに憑依されてしもうたとですばってん、
気になっとったアクセサリーがあったとです。

前の記事で触れた、
Bluetoothで繋がるヘッドセットの高級バージョン。

それもアメリカ製。

Plantronics Discovery 975
(ぷらんとろにくす でぃすかばりー ないんてぃーせぶんてぃーふぁいぶ)
これ。

Bluetoothヘッドセットブログ用






泣く子も黙るアメリカTVドラマ、
「24 -TWENTY FOUR-」
でも活躍したという逸品!

「24 -TWENTY FOUR-」は見とらんけん、
どういうシーンかはわかりませんばってん、
確かに検索したらこげな画像が出くるとですたい。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (1)

Bluetoothヘッドセットブログ用 (2)






おまけにこんなキレイなキャンペーンガールのオネエちゃんも、
しっかり使っていたりするとです。
(あんまり関係ないばってん)

Bluetoothヘッドセットブログ用 (5)

Bluetoothヘッドセットブログ用 (4)






前のヘッドセットは安物買いの銭失いやったばってん、
今回の「Plantronics Discovery 975」は、
価格.comのレビューでも絶賛されとる。
間違いはなかろう。
ってことで、やってきました「Plantronics Discovery 975」

Bluetoothヘッドセットブログ用 (7)





パッケージは耳につけるイヤピースが前面に。
他は何がどうなっとんのやら、
こん状態じゃ全然分からんです。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (8)






パッケージを開けたところ。
この状態でもようわからん。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (9)





イヤピースを拡大。
うん、前の安物よりデザインは間違いなく良かぞ。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (10)






パッケージから中身を出してみたら、
こげな感じ。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (12)






左がケースで、右がイヤピース。
この二つがメインなそうな。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (13)





イヤピースをつまみ上げ・・・

Bluetoothヘッドセットブログ用 (16)





ケースにはめ込む。
おお、良い感じやないか。これは期待できるっちゃないかいな。
                  (期待できるんじゃないかな)

Bluetoothヘッドセットブログ用 (15)






ケースのお尻には充電のためのミニUSBポートが。
つまり、こいつパソコンで充電できるとですたいね。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (17)






ばってん、パソコンからの充電は後回し。
(時間がかかりそうやけん)
最初は普通のコンセントから充電♪

Bluetoothヘッドセットブログ用 (18)





お、インジケーターに充電中の表示が。
この液晶も雰囲気が安っぽくなくて良いのう。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (19)






その間に、こちらイヤピース。
こんなんで、本当に耳にはまるのか?
ネックやバンドみたいなものもないし、
どうやるっちゃろ?(どうやるんだろう?)

Bluetoothヘッドセットブログ用 (20)






イヤピース本体にもミニUSBポートが。
ここがケースにはまり込む。
でもって、パソコンからも充電できると。
スグレもんやのう。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (21)





イヤピースの耳に当たる部分。
この透明の部品、ジェルというそうやけど、
このジェルがまた極め付きのスグレもん。
後から分かるばい。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (22)






こちら表から。
書いてあるとおり、金属部分がそのままスィッチになっとる。
もう、007に出てきそうな感じ。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (23)






そしてこの細いスリットがマイク。
しかも二重のウィンドスクリーン(風切り音防止装置)と、
ノイズキャンセラー(雑音低減装置)が仕込んであるそうな。
とてもそうは見えんばってん。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (24)






前回の1600円のヘッドセットとは、
一線を画す秀逸なイヤピースのデザイン。
言われん限りヘッドセットにゃ見えんやろうな。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (25)





ケースに収めたところ。
このケース自体が充電装置。
考えとうな。
囲ったボタンを押すとイヤピースが外れる。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (26)





そうこうしよるうち充電が半分以上になった。
よしいっぺんどげんか、試してもう(試してみよう)

Bluetoothヘッドセットブログ用 (27)





まずイヤピースのスイッチを2秒以上押す。
電源が入り、Bluetoothがスタンバイに。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (28)





そうするとインジケーターが、
赤白に点滅。
パソコンのBluetooth装置に同期開始!(ペアリングと言うとです)
あっという間にパソコンと繋がってしもうた。
拍子抜けするくらい簡単。いいとか?

Bluetoothヘッドセットブログ用 (29)






さっそくイヤピースばしてみる。
むさいおっさんですんまっせんばってん、
それはともかく。

さっきのジェルが良い具合に耳にはまり込むとです。
決してきついくらいガッチリ、というわけじゃないばってん、
安定してちょっとやそっとじゃ落ちそうにないとですたい。
不思議かろ?
この感覚は実際にやってみらなわからんばい。

ばってん、これやったら確かに、
アクションシーンでも簡単には落ちんやろうな。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (30)






で、問題は音。
これは1600円の安物ではない、確かに!
ノイズはほとんどないし、接続もしっかりしていて途切れることもなか。
音量も耳に響くくらいデカイので絞り込んだくらい。
価格の違いは歴然としとる。

しとるとばってん・・・。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (31)






音自体が左右に分離されたステレオやないし、
(片耳やけん当然やけど)、
口元にマイクがあるわけやないけん、
臨場感や声の鮮鋭度はやっぱ有線ヘッドセットにはかなわん。

半分分かっとったけん、
そげん衝撃やなかったばってん。
ちょこっとがっくりやな。

Bluetoothヘッドセットブログ用 (32)






しかし、「Plantronics Discovery 975」自体は、
上記のごとく、「24 -TWENTY FOUR-」に使われるくらい、
未来感たっぷりの極上アイテム。
デザインと言い、機能と言い、
これしかし知らんやったら、
もう満足しきっとったろう。

そのうち携帯も機種交換するんで、
そっちの方で役に立ちそうやな。
そん時にゃ、またレビューしますけん、
楽しみにしとってやりんしゃれんですか。
(楽しみにしていてくださいませんか)






本日もおいでやす。
よかったら、「拍手」をポチッとクリックしてもらえまへんか。
このページのトップへ
iphoneは前面が硬質ガラス。
精密な加工で鏡面仕様。
ご覧のとおり、
周囲の景色がきれいに写りこむとですたいね。

タッチペンブログ用

タッチペンブログ用 (1)

タッチペンブログ用 (2)

これだけキレイなガラス製タッチパネルやけん、
指で触れば直ぐに指紋だらけ。
うすみっともなくなる。

なので指紋を嫌がる人は、
保護フィルムを張るとですばってん、
これが、iphoneのタッチパネルのシャープさを帳消しに。

オサレが売りのスマートフォンの中でも、
最もオサレにこだわらなきゃならんiphoneが、
保護フィルムのために雰囲気ぶち壊しになるのは、
ユーザーとしては納得いかんばい。

それでネットで見つけたのが、
タッチペン。
これ。

プリンストンテクノロジー
iPad/iPhone/iPod touch専用タッチペン(ブラック) PIP-TP2B

タッチペンブログ用 (3)





Amazonのレビューも好評のようやし、
何より1200円ちょっとというリーズナブルさがよかばい。
てなわけで、タッチペンがやってきたとです。
こちらパッケージ。

タッチペンブログ用 (4)





出してみると、こげな感じ。
普通のシャープペンの先が丸まった印象。

タッチペンブログ用 (5)






こちら先端の拡大。
特殊シリコンでふんわか仕様。
こら、ガラスパネルには優しそうやな。

タッチペンブログ用 (6)





早速使ってみることに。
お、こりゃ、なかなかよかばい!

タッチペンブログ用 (7)





かなり細かい操作もスムーズに出来るやん。

タッチペンブログ用 (8)






先の紹介したスタンドに立てて、
軽くタップ(タッチパネルに触れること)すると、
さらに良い感じ。

タッチペンブログ用 (9)

なにより、こいつは先端がシリコンで、
タッチパネルに全く跡が残らん!
iphoneのシャープさがそのまんま!






それと、このタッチペンには、
不似合いなくらいガッチリした作りのペングリップが付いとる。
iphoneケースに挿せばこのとおり。

タッチペンブログ用 (10)






上記のとおり強固な作りのため、
ケースに挿すにも力が要る位。
不安定のように見えるばってん、びくともせん。
何かに当たっても落ちる心配など皆無。

タッチペンブログ用 (11)






スタンド同様アイデア商品ばってん、
その作りは良心的過ぎるくらいですたい。
タッチパネル採用のスマートフォン全般に使えるスグレもん。
こら、ほんなごつよかばい!(本当にいいです!)

タッチペンブログ用 (12)






本日もお運びくださり、感謝に耐えませぬ。
よろしければ、「拍手」をポチッとクリックくださらぬか。
このページのトップへ

FC2Ad

Information

よしゆきぱぱ
  • Author: よしゆきぱぱ
  • 1958年12月29日生まれの57歳。
    千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
    マセラティ・クアトロポルテ

Search

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

よしゆきぱぱ

Author:よしゆきぱぱ
1958年12月29日生まれの57歳。
千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
マセラティ・クアトロポルテ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。