こらよか!

よしゆきパパの日常ですたい。 まあみちゃってんなさいや。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
2009年も今日でおしまい。

だからなんだと言われても困りますが、
とにかく1年の節目なわけです。

でね。
私、福岡県福岡市は早良区西新に生を受け、
大学までここで暮らしました。
もちろん実家は今でもここにあって、
75歳でインターネット三昧・ヨン様命の母が暮らしておるわけです。

それはともかく、
全国の商店街は青息吐息。
シャッター街と化している商店街はいたるところにありまっしょう?

が、我が生地にまします、
「西新商店街」は元気一杯なのでございます!
中でも有名(←福岡的に)なのが、
おばちゃんたちが引っ張ってくるリヤカーで、
生鮮食料品を格安で売りまくる通称「リヤカー部隊」!

もう年末ともなると、
東京・上野のアメ横もかくや、と言わんばかりの活況を呈します。

今日2009年12月31日、西新に出かける用事があって、
ついでに「リヤカー部隊」取材にまかりこしましたとさ。




さっそく。
これ、大きな交差点に設けられている標識。
ご覧の通りここから先は歩行者天国。

2009大晦日




「リヤカー部隊」は主に福岡市西北部にある、
糸島半島周辺で収穫された野菜や果実、
あるいは玄界灘や博多湾で取れた新鮮な魚介類がメイン。
これみかんですがプリプリ!
炬燵に入って紅白見ながら食べたらこの世の幸福の極地ばい!

2009大晦日 (1)




上で「リヤカー部隊」はおばちゃんと書きましたが、
ここに謹んで修正させていただきます。
ご覧あれ!
ぷりぷりのミカンに負けない、
ピチピチの可愛い娘ちゃんが接客サービスしてくれるとです!

近所は学生街なのでアルバイトで稼ぐ学生が少なくないもんで。
そこに目をつけたと。
やるのー!思わず声をかけてしまったぞ。
で、450円の「特製なると」を買うてしもたやないか。
なにやっとんじゃ、ワシ。
きっちりワナにハマッとるやないけ!

2009大晦日 (2)




それはともかく、
西新商店街も不況の影響を受けていないはずは無いけど、
歳末に限っちゃ関係ないみたい。
気温はおそらく5度もなかったはずだし、
小雪がちらつく天気だったけど、
パワー全快で売りまくっておった。

2009大晦日 (3)




ふと目をやるとタラバガニらしき逸品が!
この時点で3時半過ぎだったのでまだ売り出してなかった。
いまいち人出も少なかったしな。
もう少し人が多くなったら高値で売りつけるのであろう。
商売人じゃのー。

2009大晦日 (12)




上記の通り3時半という事でまだ混雑と言うほどでもなかったが、
それでも見ているとモノが次々に売れていく!
日本の活性化はやっぱり小売業の回復ですな。

2009大晦日 (11)

2009大晦日 (10)




ここは私が大学時代にバイトしていた、
「タナカフルーツ」の前にある路地の入り口。
この奥にもディープな世界が広がっておるんですが、
年末でお休みのところが多くて残念でござった。
あ、ちなみに右端に見えているのが、
ソフトバンクホークスの神社「鷹明神」でえす。

2009大晦日 (9)




こちらは小篭包のお店。
一口サイズの豚まん。
それの蒸したて。アツアツのホッカホカ!
粉雪舞う大晦日にジャストフィットしとりましょうが。
ここもお客さんが途切れなかったですな。

2009大晦日 (8)




ご覧の通り粉雪がちらついておりますが、
西新商店街の大晦日はこれからが本番!
雪がナンボのモンじゃ!
寒いとが博多の大晦日たい!
このハイテンションで押しまくりですよ、西新商店街は。

いや、まじで5時近くなるとまっすぐ前へ進めなくなりますです。
いったいどこにこれほど人がいたのかと思うくらいの賑わいになるんですが、
今晩も仕事なのでそこまでつきあいきれませぬ。残念!

2009大晦日 (7)

2009大晦日 (5)

来年、ガバッと稼いで余裕が出来たら、
ぜひ西新商店街の混雑振りをレポートして進ぜましょう。

という事で今年1月1日から書き始めた、
よしゆきパパのブログ「こらよか!」にお付き合いくださいまして、
心から感謝申し上げます。

皆さん、本当にお世話になりました!
よいお年をお迎えくださいね~っ!





今日も応援いただきありがとうございました。
よかったら拍手ををポチッとお願いしますです!

スポンサーサイト
このページのトップへ
最近仕事でお客さんと話して感じるのが、
インターネットセキュリティソフト。

ウィルスバ○ターとかノー○ン・インターネットセキュリティとか。
もちろんコンピュータウィルス対策で利用しているあれ。

もともとこれらのソフトは、
多機能であるがゆえに非常に重い。
最新でそれなりの高性能マシンなら、
比較的スムーズに動くかもしれないけれど、
ある程度時間の経ったマシンではかなり厳しい。

お客さんとスカイプで話していて、
これらのウィルスソフトのウィルススキャンが始まった日にゃ、
まともにスカイプが繋がらなくなる。
ストレスがたまることおびただしいわけです。




だいたいコンピュータウィルスがどこから進入するか考えると、
こんな重たいソフトはいかがなものか・となってくるわけで。

ウィキペディア:コンピュータウィルスの記述より

「現在では電子メールによる感染がほとんどである」

そうなんです、ウィルスに感染するリスクの大半は、
電子メールの添付ファイル。
私のインターネット師匠などは、
「99%電子メールからくる!」と断言する人もいるくらい。

ほんじゃ、インターネットでWebサイトなどから感染しないのか?
ひょっとしたらするかもしれない、リスクはゼロとは言えません。
でもね、ウィルスが潜んでいるWebサイトはごく限られているんです。

それはアダルトサイトや出会い系サイトなど、
怪しいアンダーグラウンド系サイトがほとんど。
こんなの見る人の方が少ないのでは?

大半の人はこんな怪しいサイトは見ないはず。
私も5年以上仕事でインターネットを使わせてもらってますが、
未だにWebサイト経由でウィルスに遭遇した事はござらぬ。

しかし電子メールからだと、
頻繁にアンチウィルスソフトの警告がある。
何しろ電子メールは見境無く誰にでも送りつけて来れてしまう。
いわゆるスパムメールが幅を利かしてますからな。

でもね、前述のとおり電子メールに対してがっちりセキュリティを施せば、
コンピュータウィルスのリスクはほぼ消滅してしまうんですよ。
アダルトサイトとかを積極的に覗いたりしない限り。





という事でインターネットセキュリティを確保しつつ、
PCを軽くする方法、その1。

ウィルスソフトを削除してしまう!
その代わりプロバイダで行っている、
電子メールだけに対するウィルスチェックサービスに加入する。

こちら私の利用しているインターネットプロバイダ「ニフティ」の、
迷惑メール対策サービス@nifty

アバスト5

これに加入するだけで迷惑メールもコンピュータウィルスも、
プロバイダの段階でシャットアウト!

利用しているプロバイダのWebサイトを見れば、
こうしたサービスが直ぐにわかるはず。

ちなみに「迷惑メール対策サービス@nifty」の利用料金は月額500円程度。
これでPCはサクサク動いてくれ、
高価なウィルスソフトが必要なくなるわけで。

検討してみて損は無かですばい。





ほいでインターネットセキュリティを確保しつつ、
PCを軽くする方法その2。

私はPCを仕事で使っているので電子メールだけでなく、
一応Webサイトからのウィルス対策も施しておきたい。
しかし鈍重なウィルスソフトは使いたくない。

そこで利用しているのが超軽量のコンピュータウィルス対策ソフト。
しかもなんとこれがタダ、無料!
おまけに性能はウィルスバ○ターより上!!

そんなうまい話があるのかよ?!

あるんです!

私が使っているのはこれ。
「avast! antivirus ホームエディション」

アバスト

何しろ軽い!

実は以前私もウィルスバ○ターを使っておったんですが、
これを導入したらもう後戻りはできない体になってしまいました(笑)

10月に26800円のPC「エンデバーNP-11V」を購入し、
この「avast! antivirus ホームエディション」をインストールして、
仕事でインターネットしとりますが、
全くノンストレス!

更新時に若干重くなるけど気にならないレベル。

でもって利用料金が1円も発生しない。
いいのか、こんなに便利で。

このavast! antivirusは、
メイド・イン・チェコスロバキアというマイナーカントリー製。
でもね、もともとは有料の立派な企業向けセキュリティソフト。
その家庭向けバージョンを無償提供してくれているという太っ腹!
いょっ!アバストっ!大統領っ!といいたくなりまっしょうが←おっさんやで

それはともかく出身が企業向けだけあって、
性能も高スペック。
こちらをご覧あれ。

アバスト2

ウィルス検出力ランキングで5位と大健闘!

導入手続きは少し面倒だけど、
軽くて無料で高性能なんですもん。
少しくらい手間かけてでも導入してバチは当たりませんって。




そして上記ウィルス検出力ランキングで
12位の「AVG Anti-Virus」15位の「キングソフトアンチウィルス」も同じく無料なんでございまして。

「AVG Anti-Virus」

アバスト4


「キングソフトアンチウィルス」

アバスト3


いずれもavast! antivirusなみに超軽量で高性能。
なもんで、ミニノートPCには「キングソフトアンチウィルス」を入れとります。
ちょっと広告がウザイけど、非力なミニノートでもサクサクっす。

あ、冒頭に紹介したウィルスバ○ターのウィルス検索力は、
上記のテストでは21位でござった。
でもって重くて有料・・・。




これらのソフトは少し知識が必要やけど、
インターネット上にはサポート情報も溢れているし、
全然心配無いですばい。

後は自己責任で考えると。

まあ、とにかく超便利な世の中ってことやね。



面白かったら拍手をぽちっとクリックしてくださいませ。
このページのトップへ
エーゲ海の真ん中にサントリーニ島と言う島があります。
この赤いところがそう。

サントリーニ




人工衛星から見るとこういう感じ。

サントリーニ (1)





風光明媚なリゾート地として大人気のスポット。
真っ青なエーゲ海に映える白亜の教会。

CMでも多用されるのでご存知の方も多いかと。

サントリーニ (2)

サントリーニ (3)





この写真は私の「mixi」マイページの写真として掲載させてもらってます。

サントリーニ (4)




もうたまりませんなあ!この景色!

サントリーニ (5)

サントリーニ (6)

サントリーニ (7)





飛行場や船便も整備されており
、年間100万人を越える観光客がやってくる人気スポット。
そりゃあ、これだけきれいだったらね。
誰でも一度は行ってみたいわな。

サントリーニ (10)





しかもですねえ。
このサントリーニ島からは紀元前1630年ごろ、
つまり今から3600年前くらいの遺跡が発掘されているんです。
これがまた素晴らしいっ!

サントリーニ (11)

サントリーニ (12)

サントリーニ (13)

サントリーニ (14)

サントリーニ (15)

これらはサントリーニ島の地下から発掘された壁画群。
極彩色の鮮やかな色使い。
スマートで洗練された造形。

とても今から3600年前に描かれたものとは思えません。
今直ぐにでも使えそうなデザインとカラーリングでしょうが。

ちなみにこの頃日本はといえば・・・
まだ弥生時代。
当然、文明なんてありゃしない。
文字も無く農耕に明け暮れる生活しかなかったんでございます。

これを見れば一目瞭然で、
サントリーニ島に高度な文明が栄えていたことがわかりましょう?

そう、ここサントリーニ島は、
約80キロ離れたクレタ島と一緒にエーゲ文明またはミノア文明と言う、
当時の最先端文化の中心地だったんですよ。





これはサントリーニ島の発掘現場。

サントリーニ (17)

サントリーニ (18)

「ほほー、こうやって発掘したのね~」
なんてのんきに考えてるそこのあなた。

何で上の壁画が発掘しなけりゃならないくらい埋もれたか?
わかります?

上の衛星写真見て何か思いません?
このサントリーニ島、ぐるりと輪を書いているように見えんですか?

じつはですな、
サントリーニ島は直径約11キロの火山性カルデラなんでございます。
そのカルデラの周囲にエーゲ文明の壁画が埋もれていたという事は?!

そう、ご想像の通り、紀元前1628年ごろ、
サントリーニ島は大噴火を起こして(これをミノア噴火といいます)島中央部が陥没!
巨大カルデラが生成されたとです!!!!
だからサントリーニは真ん中がボコッと凹んどるわけですたい。





ちなみにこちらは1991年に20世紀最大の大噴火を起こした、
ピナツボ火山の噴火風景。

サントリーニ (20)

サントリーニ (21)

ピナツボ火山の噴火は火山爆発指数(VEI)にしてレベル5の噴火でした。
(こういうのをVEI-5といいます)
サントリーニ島の1628年ごろの噴火(ミノア噴火)は、
火山爆発指数でレベル6の規模。つまりVEI-6の噴火。

火山爆発指数は対数表示なので、
レベルが一つ上がるごとに約10倍になるとです。
つまりサントリーニ島のミノア噴火は、
20世紀最大のピナツボ火山の噴火の10倍近い超巨大噴火だったわけ。
あなおそろしや~!

サントリーニ島が大噴火を起こしたことで何がおきたかと言うと。
周囲に一番影響をもたらしたのは、
直径11キロのカルデラが出来る際に発生した津波でござった。

サントリーニ島周辺では、
おそらく波の高さ100m!以上の津波が発生したと考えられとります。
100mですよ、100m。




これは2004年のスマトラ沖大地震の津波。
波の高さはだいたい10mくらいかと。

サントリーニ (23)

サントリーニ (26)

サントリーニ島大噴火で起きた津波はこれの10倍くらいあったわけ。





もちろん距離が開けば津波の高さも低くなります、ええ。
しかし上の地図をもう1回見てくださいよ。
サントリーニ島の周囲は島だらけ。
特にエーゲ文明の中心地のひとつで、
近所で最も大きな島であるクレタ島までは80キロしかありまへん。

クレタ島では津波は30m以上の高さに達しただろうと推測されとります。
こんな感じ。(これは合成図)

サントリーニ (25)

サントリーニ (24)

エーゲ文明は地中海交易で栄えた文化。
つまり船で交易しとったわけですな。
という事は当然港が大事と。
そういう港にこんな津波が来たらどうなるか?

そりゃもうエーゲ海周辺の港は壊滅的打撃を受けますわな。
おまけに火山噴火なもんで、
火砕流とか火山灰とかが降ってくる。

現代でも津波や噴火・火砕流・火山灰は、
原理がわかっていてすら対処不能な天災。
今から3600年前だったら神か悪魔の仕業としか思えんやったでしょう。




しかもですね。
サントリーニ島からは犠牲者の遺体が、
全くといっていいほど発見されておらんのですよ。
交易をやっていたしこれだけの文化があったんだから、
数千人程度はいたはずなのに。

ということで多分、大噴火の前に地震や小噴火などの兆候があって、
みんな逃げ出したと推測されるわけ。

当時エーゲ文明に比肩する国家といえば、
地中海を挟んだ対岸に存在したエジプトでございました。

サントリーニ島の避難民もエジプトに逃れた可能性は低くない。
で、そこで自分たちが経験した大変動を語り伝えた事は十分考えられるかと。
なにしろこんだけの大災害ですもん。




そしてそれから1000年くらいして、
この恐怖の伝承をエジプトで伝え語りに聴いた、
プラトンさんと言う哲学者が当時の腐敗したギリシャに警鐘を鳴らす意味で、
高度な文化を誇りながら奢り高ぶってしまったために
神の怒りに触れ一夜にして海に沈められた国家のお話を書いた。

そう!これがアトランティス伝説の原型ではないか?
こういう仮説が立てられとるとですよ。




ただミノア噴火の時期とエーゲ文明の衰退の因果関係は、
まだ解明の余地が残されているし、
プラトン氏が果たしてサントリーニ島の大変動を聞いたかどうかは、
天国で彼に突撃インタビューして聞くしかありまへん。

とはいえ、ミノア噴火がエーゲ海一帯に大きな惨禍をもたらした事は、
サントリーニ島やクレタ島の発掘によって証明されており、
この仮説も全く根も葉もないとは言えんっちゃないやろか。
(言えないんじゃないだろうか)
これが現在の一般的学術見解かと。

この話、他人事じゃないんですばってん、
それはまた別の機会に。




いつも応援ありがとうございます。面白かった人は拍手のクリックをお願いしま~す。
このページのトップへ
世界不況の真っ只中ですが、
信じられないことに世界的なクルーズ客船ブームなんです。

クルーズ客船、すなわち豪華客船。
現代のクルーズ客船は、
有名なタイタニック号なんか目じゃないっ!

ちなみにタイタニック号は、
46000トン、全長269m、全幅28.1mと、
1910年代では十分以上の巨船だったんですが。

それから100年近く経った1990年以降、
タイタニック号の倍、10万トンを越す超大型船(メガシップといいます)が、
20隻以上も就航しておりましてな。

中でもこの12月1日からカリブ海クルーズに就航したのが、これ。
ロイヤル・カリビアンインターナショナル社の
「オアシス・オブ・ザ・シーズ」

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (40)

なんと驚く無かれ、客船としては史上最大の22万トン!!!
全長361m!!!!全幅46.9m!!!!!
メガシップの中のメガシップ!

これに比べたらタイタニック戦艦大和も赤ちゃんみたいなもん。
自由の女神やジャンボジェットがミニチュアに見える!
(ちなみに米粒みたいに小さく写っている赤いものはバスです)

オアシス・オブ・ザ・シーズ

乗客5,400人、スタッフ2160人が乗り組み、
カリブ海を優雅にクルーズ!
いったいどこが不況なのかと。




こちら建造中の「オアシス・オブ・ザ・シーズ」

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (1)

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (2)

これだけ見たら、
絶対に船を作っているとは思えないでしょ?
ホテルかマンションを建てているとしか思えんばい。



これは船首。何がどうなっているのやらわからないくらい巨大。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (3)

これは船尾。人間が豆粒。
この船小回りが利く様に回転式の推進装置を備えておるんですよ。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (4)



こちらは進水してマイアミに到着したところ。
周りの船やビルと比べたら、
どれくらいデカいかが良くわかります。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (5)

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (6)

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (7)

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (8)

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (9)



この「オアシス・オブ・ザ・シーズ」
図体も桁外れなら設備も問答無用に桁外れすぎていて、
主なものだけでも

・スケートリンク
・ロッククライミング施設
・屋外ジャグジー
・プール
・ロイアルプロムナード
・レストラン
・バー・ラウンジ
・免税店
・カジノ
・ゴルフ・シミュレーター
・ミニ・ゴルフコース
・スパ・フィットネスセンター
・バスケットボールコート

もう数え切れまっせん。
プールが21あるとか、レストランが9つあるとか。
このスペックのどこが船なんだと言いたい、私は。



プロムナード上にある船尾展望室から見下ろしたところ。
下にあるのはスケートリンクシアター。
何のビルの吹き抜けかと思うぞ。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (10)



こちらは船首方向。船とは思えん。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (11)



ロイヤルプロムナード。言葉が出てきましぇ~ん。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (12)



プロムナード1階には一流ショップが並ぶ。
どこから見ても目抜き通りの一等地ですわ。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (13)



ライトアップされたロイヤルプロムナード(船尾方向)。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (14)



同じくロイヤルプロムナード(船首方向)。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (15)



レストランの一つ。三層吹き抜け。いやマジで船の中じゃありませんって!

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (17)



さて「オアシス・オブ・ザ・シーズ」の驚くところはここから!
(ってもう十分に凄いと思いますが)

お泊りするお部屋がこれまた凄いんです。(もちろん全室オーシャンビューは当たり前)
まずはこちら普通のお部屋。
一泊1万円前後。
まあ常識ですわね、この程度だと。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (18)



次にその上のクラス。
一泊4万円~10万円前後。
いやに天井が高いでしょ?

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (19)


実はこのクラスはメゾネット、つまり2階建て!
客室がですよ。
ありえへんやろー、船やで。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (20)


デッキ側から見たところ。
ほらメゾネットでしょ?
普通のマンションだってこうはいかんぜ。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (21)




で、最高に凄いのがこちらのスィートルーム。
というかどこかのオフィスか高級マンションの風情。
これで一泊40万円から130万円程度
どうするんだこんなに広くて、と言うくらいの広さ。
一番広い部屋は300㎡以上とか。
もう笑うしかありまへん。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (22)


ピアノまで置いてあるが、
そのピアノがおもちゃに見えるくらいのだだっ広さ。
日本の大部分の住宅より広いこと請け合い。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ (23)

いやーもうなんか船じゃなくてホテルそのもの。
しかもその辺の高級ホテルが束になっても叶わないくらいの。


という事で「オアシス・オブ・ザ・シーズ」に乗って、
クルージングを楽しむことにしました、家族で。
いつかは決めてないけど(笑)

「な~んだ、そんなことだろうと思った」

いいじゃねーか、思うのは勝手やろうもん!


断言しますばい!
この中で過ごしたら時間を経つのを忘れること間違いなし!
帰ってきたらボーッとするやろうなあ。
その前に英語勉強してマスターせにゃ!



これは面白いと思ったら拍手をクリック、よろしくです!

このページのトップへ
昨日はこの1年間盛り上がりまくった、
6年4組同窓会の忘年会でございました。

会場は学年同窓会をやった藤崎にある「TENTEN」。

開催が急遽決まったんだけど、
それでも8人が参加!
6年4組の紐帯は強いのである!

参加は男子が、
諸石君・棚町君・中野君・川島の4名。

女子が、
横尾さん、宇木さん、保坂さん、末松さんの4名。

同窓会前に諸石君・中野君・横尾さん・保坂さんが、
池先生にお食事の差し入れをしてくれていた。
先生はお元気だったそう。

横尾さん・保坂さんは11月末から数回差し入れをしてくれていて。
先生、いい生徒を持って幸せやろうなあ!



寒波で寒い中5時過ぎにみんなが集合。
さっそくカンパ~イ!

同窓会忘年会

同窓会忘年会 (1)

同窓会忘年会 (2)

宴の始まりじゃ~!

私は4月のクラス会からのデビューでしたが、
ほとんどは昨年11月高取中学校同窓会で再会していて、
今年も正月から会っていたわけですたい。
だから1年間フルに同窓会ですぎた感じ。

まあ、私も学年会の幹事などやらせていただいて、
年度後半は結構のめりこみましたけどね。



ちょっと遅れてきた末松さんと。
彼女、家が近所で良く遊んでました。
今は立派なお母さんです。

同窓会忘年会 (7)



この面々、偶然テーブルの同じ側に並んだのだが、
全員高取中学校3年2組の卒業生。
中学校のクラス会もヤラにゃいかんかのう。

同窓会忘年会 (16)



諸石君が手相見を始めた。
実は女子の手を触りたかっただけとか。
怪しい~

同窓会忘年会 (22)


38年ぶりに出会えた年の忘年会ですからね。
タダでも盛り上がりますわな。
いやー、ほんとに楽しかったですばい!

同窓会忘年会 (17)

しかもですな、会場の「TENTEN」は、
男子ご近所組みの行きつけ「ぽてんひっと」の2階にあるとです。

1階に下りれば即!二次会会場と言うわけ。
もう夜中まで騒ぎましたよ。
おかげで今日は二日酔い・・・。

でもね、小学校の同級生なんて掛け替えが無かでしょうが。
こげんして楽しか時間を過ごせるとは、
やっぱ最高によかです!

さーて、次は新年会じゃな!



いつも応援感謝します。またポチッと拍手をクリック、よろしく~

このページのトップへ
昨日あたりから寒波が来襲。
福岡でも降雪があったとです。


20091219 (2)

20091219 (3)

20091219 (4)

といってもご覧の通り、うっすら雪化粧と言う程度。
なのに寒さだけはいっちょ前。

本日9時現在の気温5度。
おまけに風が冷たい。
福岡の人は最高に寒い!と思うんですけど。

15年前まで住んでいた、
東京・多摩地方じゃこんなの寒いうちに入らなかったのよ。

だって霜が降りる事はまず無いし、
車の窓がバリバリに凍りついてアイドリングしてからじゃないと走れない。
なんて事も絶対になし。
だいたい水たまりが凍ることがないもんね。

こういうところを見ると、
「日本って縦に長いのー」と実感しますな。



20091219.jpg

20091219 (1)

20091219 (12)

事務所から見入ると南にある油山や背振山などは、
さすがに街とは違いしっかり雪化粧してました。

この寒波、当分続きそう。
まあ、でもこれくらい寒くないと。冬なんだから。
明日は同窓会の忘年会。
楽しみ~♪

このページのトップへ
子どもの頃から恐竜が好きでした。
今ほど情報のない時代、
親に買ってもらった数少ない恐竜の本が宝物で,
それはもう夢中だったわけですが。

それから数十年経過した現在。
恐竜に関する情報は比較にならないくらい激増してましてね。

昔は恐竜と言うと子どもの興味の対象で、
ウルトラマンの怪獣とどうレベルの生き物と思われていたけれど、
現在では「古生物学」という立派な学問の対象。

「ジュラシックパーク」や「ダイナソー」といった、
それまでの恐竜の表現を覆す生き生きとしたCG恐竜が、
世界中の大人を魅了しとるのはご存知かと。

子どものころとは本当に隔世の感ですばい。

冷戦が終わりグローバリズムが浸透したことにより、
世界中から発掘される膨大な化石。
コンピュータに代表される最新テクノロジーのすさまじい発達によって
遺伝子レベルから解析される生命。

これらの複合要素により恐竜の研究は飛躍的な進歩を遂げ、
われわれが子どもの頃には想像も出来なかった、
アンビリーバボーな恐竜が続々と姿を現しとるんです。

恐竜オタクとしてはそのたびに新鮮な驚きを味わえるんですが。



恐竜の中に(正確な表現ではないのですが)翼竜と言うカテゴリーがありまして。
プテラノドンが有名な空を飛ぶアレ。
「ジュラシックパーク3」で主人公たちに襲いかかってました。

アレを見て怖いなあーと思っていたら、
あのプテラノドンは本当はかわいいかわいいヤツだったんです。

これプテラノドン

710px-HNHM2.jpg

800px-DinoZoo_Doubs_20.jpg

体長は1.5~3メートル、翼を広げると大きなものは7メートルくらい。
でも空を飛ぶので体重は20キロも無かったそう。
まあ、これでも十分凄いといやあそうなんですけどね。

何事も上には上がある。




2008年に見つかった最新の翼竜がこちら。
ハツェゴプテリクス・タムべマ(Hatzegopteryx thambema)。

Hatzegotpteryx1.jpg

Hatzegotpteryx2.jpg

き、キリンよりもデカい翼竜っ!
ものには上があると言っても限度があるだろー、限度が!

ありえないデカさですが、
紛れもなくこいつは6500万年前に空を飛んどったわけですよ。

体長5メートル以上!
翼を広げたら15メートルを確実に越える!
翼幅だけなら自衛隊の主力戦闘機F-15よりでかい!

もしこげなとに襲われたらどうなるか?

789px-Quetzfeedingwittonnaish2008.png

上の人間と比較すればわかるけれど、
咥えられている恐竜は1.8メートルくらい。

こいつらが出てきたらジュラシックパーク3は途中で終わってました、はい。

いやー現代の古生物学と言う世界は、
こんなこの世のものとも思えない生き物が続々と登場しとるんですな。
生まれたのが現代で、ほんにようござした。(本当によかったです)



面白かったら拍手をぽちッとクリックよろしくです。
このページのトップへ
昨日は実家でちょっと早めのクリスマス~♪

今回はパパは用事でちょっと遅れて参加。
既に宴も半分終了しとりました。

20091212クリスマス


裕紀(小3)が撮ったパパ。
手が小さいのでストロボが隠れて苦労してました(笑)

20091212クリスマス (2)



恒例のばあちゃんからのクリスマスプレゼント。
みんな全く愛想がな~いっ!世の中に出て苦労するぞーっ!
まず夏(中3)

20091212クリスマス (23)



めい(高3)お年頃なんだからスマイル!

20091212クリスマス (24)



義樹(中3)笑え!

20091212クリスマス (25)



コナン(中1)嬉しくないのかっ?!

20091212クリスマス (26)



裕紀が一番うれしそー。

20091212クリスマス (19)



上記の子ども達を若杉保育園で面倒見てくれた徳松せんぱい。
今回はせんぱいにも日頃の感謝の気持ちを込めて。

20091212クリスマス (21)



最後にクリスマスケーキ登場!

20091212クリスマス (14)

みんなが集まってのクリスマスも無事に終了。
やっぱりにぎやかに過ごせるとはよかばい!

この次みんなが集まるのはお正月。
今年も後半月ちょっと。
年末は仕事が立込んで結構忙しい。
正月は落ち着いて過ごせるかいな?




ご覧いただき感謝です!よかったら拍手をクリックしてくださいまし。
このページのトップへ
ご存知の方も多いかもしれませんが、
グーグルアースが12月2日よりエリア拡大!

福岡、新潟、岡山、広島、熊本の5県の一部が見れるようになった!!!

そうなんです!福岡がグーグルアースで見れるようになったんです!
と言うわけで早速見てみましたよ~♪


あ、ちなみにグーグルアースはこんなふうに、
車の上に360度(完璧360度ではないようだけど)撮影できるカメラを搭載し、
ポイントポイントで撮影しているんですよ。

つまりグーグルアースが見れる地域は、
この車が走り回っているわけ。
わたしゃまだ見かけたことありませんが。

080623googlemapsticket.jpg



という事でさっそくグーグルアースで福岡を覗いてみると・・・。

まずは私が今いる星の原団地55棟。撮影は約1年半ほど前のようですな。

祝!グーグルアース開始



赤枠が55-503.ちょっとボケとります。

祝!グーグルアース開始 (1)



こちらは星の原団地のバスロータリー。ちょっと殺風景なのよねえ。

祝!グーグルアース開始 (22)



バス道路から自宅への入り口。角の正一電化には電気配線でお世話になりました。

祝!グーグルアース開始 (3)



星の原グラウンド。次男のコナンが星の原スターズで野球していた所。

祝!グーグルアース開始 (2)



この路地の奥が自宅。近所の映像があまりにもプライバシー丸出しなのでここまででご勘弁。

祝!グーグルアース開始 (4)



子ども達4人が通った若杉保育園。お世話になりました。

祝!グーグルアース開始 (5)



よく行く原サティ。昔はダイエーだった。

祝!グーグルアース開始 (6)



こちらは実家のある西新のテングッドシティ。ここに事務所ば構えたかとです。

祝!グーグルアース開始 (7)



テングッドシティから西進すると実家がある路地、通称「おもしろ21」の南側入り口。

祝!グーグルアース開始 (8)



こちらはそこから少し行った同じ実家に続く路地の入り口。
撮影車はここからはさすがに入れんやったようやな。

祝!グーグルアース開始 (9)



これは西新商店街の入り口。撮影車はこんなところまで入り込んどる。

祝!グーグルアース開始 (11)



前述の「おもしろ21」北側入り口。ここから入って50m行った右側奥に実家がある。

祝!グーグルアース開始 (10)



西新商店街にある「西新モケイ」。子どもの頃狂ったように通いました。

祝!グーグルアース開始 (12)



ここも子どもの時、良く遊んだ祖原山入り口。元寇古戦場の碑が立っとります。

祝!グーグルアース開始 (13)



母校、高取小学校の正門付近。実家から徒歩7~8分。

祝!グーグルアース開始 (14)



こっちは裏門。高取小には運動場が二つあって後者に近いほうを「下の運動場」と言ってました。

祝!グーグルアース開始 (15)



道路を挟んで反対側にある「上の運動場」。ちなみに奥に通っていた高取幼稚園があります。

祝!グーグルアース開始 (33)



高取小学校西通用門。普段はここから登校してました。なつかしかあ~。

祝!グーグルアース開始 (16)



これは紅葉山にある紅葉神社入り口。同窓会会長の平山さんはここの宮司さん。

祝!グーグルアース開始 (17)



同じ紅葉山の南側入り口。正月は必ずここへ初詣に来ま~す。

祝!グーグルアース開始 (18)



という事で思いついたままにゆかりのスポットをグーグルアースで覗いてみました。
居ながらにしてこんな画像がタダで手に入る!
(おまけに27インチモニターで見ると大迫力でっせ)
全くいい時代になったものよ。

まだまだこれからも福岡や関心のあるスポットを紹介しようと思うので、
見てやってくださいねーっ!





面白いと思った人は拍手をクリックしておくんなさいまし!
このページのトップへ
パソコンデータのバックアップ。
パソコンで仕事している身としては避けては通れないテーマ。

以前から試行錯誤してきたけど、
たどり着いた結論は二つ。

1.パソコンを複数使用し相互にバックアップを図る。

2.パソコンデータをシステムもろともリムーバブルメディアに保存する。

1 は文章そのまま。
パソコン同士でお互いをバックアップさせる。
これは「エンデバー」導入でオーケー。

2 はオペレーションソフトであるところのウィンドウズや、
アプリケーションソフトやプリンターのドライバーから、
マイコンピュータの中身やドキュメントデータまで、
パソコンの中身を全部パソコンの外に保存すること。

普通のバックアップと何が違うのよと思ったあなた。
だいたいバックアップといったときにイメージされるのは、
マイドキュメント(ビスタ)の中身やないですか?




と言う事はですね。
パソコンに万一のことがあったら、
マイドキュメントのデータは確かに助かる。

しかしパソコン本体は一から白紙に戻してやり直さなけりゃなりませんわな。
ウィンドウズをゼロからインストールして、
メールやインターネットの設定まで一からやり直す必要がある。

オフィスをはじめインストールしたソフトも、
もう一回ぜ~んぶ入れなおしてやる必要があるわけ。

これが面倒で(と言うか良くわからなくて)
バックアップをとらない人多いと思うのよね。




ところがシステムまるごとバックアップできればどうなるか?
ウィンドウズは言うに及ばずバックアップを取った状態で、
直ぐにパソコンが元の状態に復帰するんですよ、これ。

全部白紙に戻しても(これをリカバリーと言う)
白紙に戻す前と寸分違わない常態で完璧に再現できる!

まあ、プライベートでインターネットぐらいしかパソコンを使わない人は、
そこまで深刻じゃないかもしれないけど、
仕事で使っていたりすると復帰にかかる手間は無視できんとです。

ウィンドウズビスタだとバックアップツールが最初から付いているけど、
重いし作動不良も良く聴くとですよ。
バックアップとったつもりでいたら、
作動不良で結局データがなくなりました、じゃシャレにならんでしょ?

んで、何よりOSはXPオンリーだし、自分。



という事であれこれ模索して手に入れたのがこちら。

【アーク情報システム HD革命Backup・pro ver.9

バックアップ2


価格は1万円少々と値が張るけれど、
システムバックアップがむちゃくちゃ簡単に出来てしまう!
しかもハードディスクを分割しバックアップ用の領域を作る、
パーテーションソフト(6,000円相当)と、
ハードディスクコピーソフト(4500円相当)が同梱されておりまして。
(これらはまた別にうひょ~というくらい役立つ。それはまたいつか)
つまりただ同然なわけですな、本体は。




これ、このとおり3枚のディスクにそれぞれのソフトが。
バックアップ3




こちらがメインのHD革命Backup・pro ver.9。頼りにしてるぜ!
バックアップ1



もしですよ、パソコンがクラッシュして、
保存したデータが全部失われたら?
人にもよるでしょうけどその衝撃は失恋と同じくらいのインパクトとか。

「PCデータ損失時の失意は失恋と同程度」--シマンテックが個人PCの利用実態をレポート

まさに転ばぬ先の杖ですばい。

画面どおりに作業していけばあれよあれよと言う間にシステムバックアップ完了。
これを先日導入したUSB接続のポータブルハードディスクと、
ごつい大型ハードディスクに保存してやれば、
2台のパソコンと合わせて計4ヶ所に同じデータが保存されると。
4ヶ所が一度におかしくなることはありえないし、
そーゆー事態が起きたらたぶんこれみたいになっているはず。







こうなったら世界は・・・。
まあ、ありえませんわな。
という事でパソコンの安全保障に関してはとにかくこれで一安心ばい。



面白かったら拍手をお願いです~
このページのトップへ

FC2Ad

Information

よしゆきぱぱ
  • Author: よしゆきぱぱ
  • 1958年12月29日生まれの57歳。
    千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
    マセラティ・クアトロポルテ

Search

Calendar

11 « 2009/12 » 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

よしゆきぱぱ

Author:よしゆきぱぱ
1958年12月29日生まれの57歳。
千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
マセラティ・クアトロポルテ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。