こらよか!

よしゆきパパの日常ですたい。 まあみちゃってんなさいや。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ばあちゃんのPCスピーカーを新設。
機種はオンキョーGX70-HD
そう、私が使用しているものと同じ。




アマゾンから届いた箱。

ばあちゃんのスピーカー (3)




ふたを開けると・・・。

ばあちゃんのスピーカー (4)




外箱はこんな感じ。

ばあちゃんのスピーカー (5)




箱から取り出したスピーカー本体・コード・PC接続ケーブル・マニュアル。

ばあちゃんのスピーカー (7)




これを設置。
ここまで10分くらい。

ばあちゃんのスピーカー (10)

もちろん本体は26800円の格安シンプルミニサイズPC、
エプソン・エンデバー。
しかしスピーカーからは悶絶するくらいイイ、
透明でしかも迫力たっぷりのサウンドが流れます。

しかし、ばあちゃんのPCにはCDデータがあまりないので、
バラエティがまだまだござりませぬ。
じわじわとデータを増やさねばのう。





いつもご訪問、かたじけのうござる。
おもしろかったら、「拍手」をポチッとクリック願い奉りまする。
スポンサーサイト
このページのトップへ
昨日、西新の「芋」で、
小学校同総会幹事会の決算報告がございました。


幹事会決算報告20100213

昨年6月末から準備を始めて10月の本番をはさみ、
約7ヶ月にわたった今回の活動もようやく一段落。

30数年ぶりに出会えた小学校同窓生はやっぱいいです!
なんのてらいも無く心から仲良くできます。

利害関係もないし純真だったころに戻って、
胸襟を開いて語り合える。
50歳を過ぎてこんな仲間をもてたことは、
人生において何よりの財産に思えますです、はい。

今度の同総会の発起人で中心メンバーの疋田君いわく、
「今年の10月9日は中学校の同総会じゃ!」

一年毎に小学校と中学校の同総会を開く腹積もりで、
今から楽しみでございます。

二次会はカラオケに繰り込んで盛り上がりまくりましたバイ。

幹事会決算報告20100213 (5)

幹事会決算報告20100213 (6)

幹事会決算報告20100213 (8)

幹事会決算報告20100213 (18)

新年会から1ヶ月以上ぶりの飲み会で、
二日酔いばってん楽しかった!


次は池先生の喜寿のお祝い。4月ごろにずれ込みそうやけどこれも楽しみバイ!




いつもご訪問感謝しますです。
もしよかったらぜひ、「拍手」をポチっとクリックしてくださいな。
このページのトップへ
まず最初にくれぐれもお願いしておく!
この記事は、絶対に飲食をしながら読んではならない!
如何なる事態が起きても責任は持てないので、
十分に心してほしい。




ところで、皆さんは「ラパ・ヌイ」をご存知だろうか?
別名「イースター」島と言った方がわかりやすいだろう。
南米・チリに属し、世界遺産にも指定されている火山島で、
ポリネシアン・トライアングルの東端に位置する絶海の孤島である。

Polynesiantraiangle_20100209172018.jpg

なにしろ一番近い島まで2000kmというから、
北海道から九州・福岡くらいまでの距離を航海しないと、
たどり着けない。
とてつもない孤島なのだ。




その「ラパ・ヌイ」で有名なのは、
巨石を使ったモアイという人型の石像である。

176578-Moai-at-Rano-Raraku-Rapa-Nui-5.jpg

moai.jpg

MoaiStatues_1.jpg





モアイは島中のいたるところに建てられている。
中には100トン近い重量のモアイもあるそうで、
誰がいつ何の目的でモアイを築いたのかは、
学者の論争になってきた。

800px-Easter_Island_map-fr_svg.png




「ラパ・ヌイ」に伝わる伝説によれば、
その昔、カヌーで渡ってきた祖先がモアイを作ったという。
最も近い島まで2000km。
その距離を粗末なカヌーでわたった「ラパ・ヌイ」の祖先達。

hokulea.jpg




こうした伝説に魅せられた人類学者達は、
自説を証明するためいかだやカヌーで、
太平洋を航海する冒険にチャレンジしている。
その代表は「コンチキ」号で太平洋を渡った、
ノルウェーの人類学者トール・へイエルダールであろう。

heier0021.jpg

「コンチキ」号などはまだ外界からの支援を受けられたが、
最初に「ラパ・ヌイ」に流れ着いた人々は、
支援など一切無い。
科学的な観測機器を一切持たず、
(もちろん無かったわけだが)
数千キロの航海に乗り出したのだ。

今考えるとその行為にはロマンを越えて、
人類の無限の可能性さえ感じさせる。




「ラパ・ヌイ」には、
ロンゴロンゴ文字というポリネシアでは唯一の絵文字があった。

800px-Anaokeke.jpg




現在は森林のほとんど無い「ラパ・ヌイ」だが、
数百年前は熱帯気候で椰子の木が生い茂る緑豊かな島だった。
ロンゴロンゴ文字はその椰子の葉に書かれたという。

Musa_sumatrana_(Red_Banana_Tree)_20100209163939.jpg

しかし当然ながら椰子の葉は現在に伝えられることが無く、
ロンゴロンゴ文字はその起源も解読法も失われてしまった。

そこにはおそらく
何の目的でモアイを作ったのか?
どうやって数十トンものモアイを動かしたか?
そもそも誰がモアイを作ったのか?
克明に記されていただろう。

だが、もうロンゴロンゴ文字は解読できない。
「ラパ・ヌイ」の伝説は、
絶海の孤島という地理と相まって、
永遠に科学的な解明を拒んでしまった。

今は誰が、いつ、何の目的で作ったか謎を残したまま、
絶海の孤島でモアイが時間を見つめ続けるのみである。






ところで。

私は誰が、いつ、何の目的で作ったのか、
一目でわかるモアイを知っている。
しかもその中には黄金のモアイさえいるのだ。
ご覧あれ。










ラパヌイ01

ラパヌイ02


以上である。




いつもご訪問、深く感謝いたします。
面白かった人は「拍手」をポチっとクリックしてくださいね。
と、私の部屋のモアイが申しております。
このページのトップへ
ふふ~ん♪
もーらっちゃった~っ!
愛娘、めいからのちょっぴり早めのバレンタインデープレゼント!
手作りのケーキですぅ!!
まんもすうれぴーっ!
(あ、これ言ってた人どうなったんだっけか?)




こんな袋に入ってる。何でしょー?

めいのプレゼント20100206 (5)




さっそく開けると、手作りチョコケーキとメッセージ!
きゃー!おいしそー!

めいのプレゼント20100206




このメッセージがまた泣かせてくれる~!
めいちゃん、ありがとね!

めいのプレゼント20100206 (10)




年頃になると娘から、
キモい、クサい、ダサい、あっち行け!
とか言われても珍しくない、
オヤジにはつらいこのご時世。

こんなにステキなプレゼントをもらって、
パパは最高に幸せだよぉ!
うっれしいな~!

ケーキもほっぺがふっとぶくらい美味しかった~♪

めいちゃん、本当に感謝感謝ですー!





毎度のお越し、感謝でございます。
またよかったら、ポチッと「拍手」をよろしゅう!
このページのトップへ

FC2Ad

Information

よしゆきぱぱ
  • Author: よしゆきぱぱ
  • 1958年12月29日生まれの57歳。
    千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
    マセラティ・クアトロポルテ

Search

Calendar

01 « 2010/02 » 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

 

プロフィール

よしゆきぱぱ

Author:よしゆきぱぱ
1958年12月29日生まれの57歳。
千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
マセラティ・クアトロポルテ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。