こらよか!

よしゆきパパの日常ですたい。 まあみちゃってんなさいや。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
昨日は私が高取小学校5~6年で担任いただいた、
池先生の喜寿を祝う会。

話が出たのは1月の新年会やったばってん、
なかなか都合が折り合わんで、
昨日になってしもうた。
まあ、ちょっと長いばってん見ちゃってやらんですか。


会場は2年後輩の桑野君がやっている割烹「友池」で。
昨年4月に38年ぶりにクラス会開かせてもらったし、
桑野君自身も池先生が担任だったことがあって、
今回も店を挙げてのバックアップいただき感謝でござる。



まずは準備の模様から。
昨年秋に行った学年の同窓会の時、
ヤフーオークションで間違って競り落としてしもうた、
ストラップ付きの名札ば使うことにした。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00



先生の記念品は胡蝶蘭。
横尾さんと保坂さんが前原(隣の市)まで行って買ってきてくれんしゃった。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (1)



諸石君が横断幕を作成。
これでグッと雰囲気が増したばい。お疲れさん。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (2)



プログラムや受付の打ち合わせ。
昨年からクラス会や学年会をやってきているので、
手馴れてきとる。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (4)



開会20分前に中野君の車で先生が到着!
なすび(中野君のあだ名)ご苦労でござる。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (5)



会場では久しぶりに大阪からやってきた井上君(ピンクのシャツ)と、
話が弾んでおった。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (6)



その井上君と鵤君(私の呼び名はノブちゃん)
彼も仕事を休んできてくれた。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (7)



予定から少し遅れて開会。
司会はミスター市役所・棚町君。生きた真面目。
きっちり会を運営してくれ感謝ばい。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (8)



代表幹事・諸石君の開会あいさつ。
彼は岡山に単身赴任中。
今回も頑張ってくれとります。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (9)



資料に目を通す池先生。左が上原さん、右は末松さん。
先生、資料にミスがあり申し訳ござらぬ。
前の週に行った時確認しときゃよかったっちゃけど。
次回の課題やな。(次回はいつよ?)

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (10)



先生からあいさつをいただく。
聞き入るみんな。
小学校の時、こんな風になるとは思ってなかったやね。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (11)



日頃からみんなが通うにようなったからか、
昨年のクラス会の時よりいい感じにお元気そう。
先生この調子で傘寿、そして米寿に向かいましょう!

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (12)



あいさつの後は記念品プレゼント。
プレゼンターは前原まで購入に行ってくれた横尾さんと保坂さん。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (13)



いよいよ乾杯。
乾杯の音頭は神戸から駆けつけてくれた井上君、
横浜から飛んできてくれた伊佐さん。
そして乾杯の言葉は「いっただきまぁーす!」(給食のように)
でもいまいちはまらんやった。これも次回の課題たい。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (14)

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (15)



さーものども、宴じゃ宴じゃ!
ということでこんな感じやったとです。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (16)



左側のテーブル。
その左端にいる内田君はなんと若松病院の副院長になるげな!
これもめでたいっ!
ばってん、いろんな意味で彼は副院長には見えん。
いや、他意はござらぬ。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (17)



今回準備に参加してくれながら、
風邪で参加できなかった宇木さんに、
中野君が携帯で写メール中継。
やさしいのー。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (18)



右側のテーブルのメンバー。
赤のストラップが目立つばい。
次回は男子は違う色ば用意しょう。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (19)



こちらは井上君を挟んで、
手前が松島さん、奥が北本さん。
井上君はクラスの集まりは初めてやったばってん、
そこは6の4。ノープロブレムで盛り上がれるとたい。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (20)



こちらは末松さんと中野君。
名札のあだ名思い出すとに、
6の4の生き字引・末松さんの記憶力が役に立ったばい。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (21)



鵤君(ノブちゃん)を挟んで手前が横尾さん、奥が伊佐さん。
なんか知らんが、ノブちゃんは偉い若作りしとったばってん、
女子の若さにゃかなわんたいね。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (22)



手前保坂さん、奥の吉武さんの間にいるのは、
今回初登場!高原さん。ぜん~っぜん変わってねえ。
しかも彼女も6の4生き字引だそうで。
いろいろ教えておくんなさいませ。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (23)



こちら進君と吉武さん。
進君が遅れてくるといっていたので心配やったけど、
時間に間に合いほっと安心。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (24)



みんなが盛り上がっている間も、
桑野君がパトロール。
すんごい気を使ってくれたのにはマジに感謝!

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (25)



そうこうしていたら、
今は東京でレストランをやっている真崎君から電話が!
早速池先生と39年ぶりのコミュニケーションばい。
「悪そー」(悪がき)やったけど、それだけに池先生も思い出が深いはず。
今回はダメやったばってん、そのうち帰ってきた時は一席設けるべし。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (26)



会も終盤。
保坂さんが焼いてきてくれたバースデーケーキに、
ろうそくを立てて、「池先生、はっぴーばーすでぇーとぅゆぅ~♪」

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (27)



そして桑野君からもお祝いの言葉が。
彼は高取小同窓会幹事なので、
2014年の高取小65周年の時は協力するとぜ、みんな。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (28)



最後に記念撮影。
このメンバーで、いやもっと増やして、
先生の傘寿・喜寿ば絶対やろうや!

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (29)



先生のお見送り。
また中野君が車で。同じ方向に遠方の松島さんも同乗。
先生、またお宅に行きますからね。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (30)



そして二次会へ。
二次会は昨年のクラス会と同じく、
伊佐さんが宿泊しているハイアットリージェンシーで。
伊佐さんとダンナ様。おじゃましやした。
雨が降っていたのでタクシーで移動やったし、
買い物も女子が事前に済ませてくれていて
段取りは完璧!
でもって、「カンパァーイッ!!」

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (31)



持って行った高取小・高取中時代の写真に見入る、
井上君と棚町君。
9月には高取中の同窓会が予定されているから、
また会えるとよいのう。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (32)



同じく写真に見入る末松さん、私、北本さん。
こんだけメンバーが集まると結構いろんなことば思い出せる。
ばってん、女子の学級委員と時期が最後まで正確に思い出せんやった。
いつかしらふの時、思い出ごっこばせにゃいかんやね。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (33)



盛り上がる諸石君と保坂さん・伊佐さん。
今回はビールが無く、ワインやったとばってん、
諸石君は飲みつけてないそうで二日酔いがひどかったそうな。
ま、日頃の行いの報いでしょうな。(わかる人にしかわからんでしょうが)

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (34)



こちら伊佐さんと井上君の遠方組み。
ほかに遠方組みは判明しているだけで吉田さん(大阪)、藤本さん(神奈川)
そして電話をくれた真崎君。
次回はみんな来れるといいっちゃけどねえ。

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (35)



最後まで残って騒いだメンバー。
小学校の時もそうやったけど、今はもっと仲がいい感じがするっちゃんね。
当時は池先生の喜寿を祝うやら思いもせんやったばってん、
実際こげんして祝いよるもんなあ。
やっぱ6の4サイコーばい!

「池先生喜寿を祝う会」ブログ用00 (37)

というわけで1月の新年会で話が出て、
準備を重ねた先生の喜寿を祝う会も無事に終了。
皆さん最後までごらんくださって、感謝でござる。






いつもご訪問、かたじけない。
ついでに「拍手」をポチッとクリックいただけまいか。
よろしゅうお願いいたしまする。

スポンサーサイト
このページのトップへ
19世紀のロシアの作曲家、
アレクサンドル・ボロディンの「だったん人の踊り」


imagesCA0Y43M1.jpg


「だったん人の踊り」はボロディンのライフワークだった、
未完の歌劇「イーゴリ公」の中から抽出された音楽で、
曲名を知らなくても、
そのメロディーは知らない人はいないでしょう。
これ、そのメロディー。

【Youtubeから「だったん人の踊り」の動画】
http://050801.zz.tc/celebmakers
※動画は10分以上ありますが最初の45秒くらいから♪


私のクラシック音楽のルーツは祖父や母でした。
その母が掃除をしながらよくハミングしていた曲が、
この「だったん人の踊り」。
もうね、耳にこびりついてました(笑)

切なくてチャーミングでエキゾチックな曲想は、
ボロディンの名前を高めているんですが。
実はボロディンは正真正銘の二束のわらじ、
それも超一流のわらじを履いていた人物だったんです。



◇彼は音楽の分野だけでなく、
医学・化学の分野でも不朽の功績を残す、
まさに神は二物を与えた証のような存在でした。

ボロディンはサンクトペテルブルグ医学大学で化学を専攻し、
同大学の助教授・教授を歴任。
彼が発見した有機化合物の化学反応の一種には、
ボロディン反応という名前まで残しているんですよ!

音楽界には二足のわらじは少なくありません。
しかしその大半は作曲家と演奏家としてのもの。
一流のバイオリニスト・ピアニスト、
あるいは指揮者でありながら、
一流の作曲家という人材は、
モーツァルトやショパン、ラフマニノフ、マーラーなど、
ぞろぞろいます。

が、ボロディンは全く畑違いの分野で、
それぞれ超一流の業績を挙げており、
音楽界広しといえども、
さすがにここまでの傑物は見当たりません。
(まったく神様は不公平じゃのう。)

ところがこの業績が災いして(?)、
音楽の分野では「日曜作曲家」と自ら呼ぶくらい、
満足な作曲活動ができませんでした。
彼は54歳という若さで亡くなりましたが、
長生きしていればノーベル賞候補になったかもしれません。
そんなディープな研究してちゃ日常的な作曲は無理ですよね。

ボロディンはムソルグスキー(「展覧会の絵」)、
リムスキー=コルサコフ(「シェエラザード」)といった、
同時代にロシアで活躍した作曲家5人と、
「ロシア5人組」と呼ぶ音楽集団を作っていましたが、
彼はその中でもっとも寡作に終わっています。

しかしその寡作な作品一つ一つのクォリティは極度に高く、
いずれも後世に残る作品が目白押し!
その代表作が「だったん人の踊り」なわけですな。





◇で、「だったん人の踊り」ですが、
前述の通り未完の歌劇「イーゴリ公」が出典。
スラブの英雄イーゴリ・スヴャトスラヴィチ公の戦いを描いた歌劇で、
「だったん人の踊り」はその第2幕、
捕虜となったイーゴリ公を慰められるために、
だったん人の若者が踊る望郷の思いが込められたバレエ音楽。

上記のYutubeを見てもらってもお分かりの通り、
歌劇の中では合唱を伴っており、
現在発売されているCDもこのスタイルが多いです。

またバレエ音楽なので有名なメロディーだけでなく、
リズミカルで激しい音楽も組み合わされていて、
変化にとんだ曲想が印象的。
曲自体は12分前後ですぐに聞けるでしょう。



◇私の手元には「だったん人の踊り」のCDは、
10枚近くありますが、
お勧めはカラヤン~ベルリン・フィルと、
オーマンディ~フィラデルフィア管弦楽団の演奏。
カラヤン盤は合唱なしのオーケストラバージョン、
オーマンディ盤は合唱バージョン。

※リンクはHMVオンラインストア



【カラヤン盤】
http://050802.zz.tc/celebmakers

だったン人の踊りジャケットjpeg (3)



【オーマンディ盤】
http://040803.zz.tc/celebmakers

だったン人の踊りジャケットjpeg (4)




カラヤンは有名だからご存知の方も多いでしょうが、
オーマンディもフィラデルフィア管弦楽団を42年間にわたって率い、
全米有数のオーケストラに仕立てた凄腕指揮者です。
彼の作り出す流麗で輝かしい音楽は、
「フィラデルフィア・サウンド」と呼ばれて愛聴されました。

さらにオーマンディ盤には後述の弦楽四重奏曲第2番「夜想曲」と
リムスキー=コルサコフの絶品!「シェエラザード」
(これもいつかご紹介します)が、
カップリングされており、
これ一枚で彼らの音楽を堪能できること請け合い!





◇そして「だったん人の踊り」は、
クラシック音楽を離れた分野でもカバーされておりまして。
例のメロディーはブロードウェイミュージカル「キスメット」で、
「ストレンジャー・インパラダイス」として歌われ、大ヒット。
CMなどでも繰り返し利用されています。



◇このバージョンのお勧めCDは、
「キャッツ」「オペラ座の怪人」のソプラノ歌手、
サラ・ブライトマンのパフォーマンス。

なかなか艶やかに、しかし切なく歌い上げてくれます。
これを聞けば「日曜作曲家」ボロディンの、
メロディメーカーぶりがより実感されます、はい。

【サラブライトマン「ハレム」】
http://050804.zz.tc/celebmakers

だったン人の踊りジャケットjpeg





◇また変わった演奏で言うと、
二胡(中国の弦楽器)バージョン。

葉加瀬太郎とのコラボでもおなじみの
姜建華(ジャン・ジェンホア)が、
素朴に奏でるんですが、
もう二胡の音色が曲想にベストフィット!
切なさがこみ上げてくる逸品。

【姜建華「故郷熱情」】
http://080505.zz.tc/celebmakers

だったン人の踊りジャケットjpeg (1)





◇そして最後のお勧めは、
女性アカペラコーラスだけの「だったん人の踊り」
何度もご紹介しているアンサンブルプラネタが、
泣きたくなるくらいの天上のハーモニーを披露してくれます。

【アンサンブル・プラネタ「Largo」】
http://050806.zz.tc/celebmakers

だったン人の踊りジャケットjpeg (2)





と、紹介してきたとおり、
ボロディンは作曲家としても医学者・化学者としても、
後世に名をとどろかすほどの業績を残し、
それぞれの分野に深い影響を与えました。

彼の音楽はもちろん「だったん人の踊り」だけじゃありません。
「だったん人の踊り」のメロディーが好きになった人は、
弦楽四重奏曲第2番の第3楽章「夜想曲」や、
交響詩「中央アジアの高原にて」も聴いてみてください。

たまらないくらいの異国情緒と抒情美がたたえられた、
彼の音楽の真髄が味わえるでしょう。


最後にボロディンがライフワークにした、
歌劇「イーゴリ公」を詳しく紹介したサイトがあるので、
興味のある人はぜひ覗いて見てくださいね。

【歌劇「イーゴリ公」の世界】
http://www.prince-igor.jp/



いつもおいでいただきありがとうございます。
よかったら「拍手」をポチッとクリックお願いしま~す!
[“二足のわらじ”の続きを読む] このページのトップへ
パレードの写真班をおおせつかった、
「博多どんたく港まつり」に行ってきました。
昨年はあいにくの雨模様だったけれど、
今年は晴天に恵まれて(と言うより初夏の陽気)
5月3・4日両日に220万人が福岡にやってくるとか。

朝10時過ぎに市役所の「お祭り広場」に行ってみると、
恒例になっている
「福岡歯科医師会」の無料検診が開催されとりました。

20100504 どんたく (9)



まあ、日頃歯医者さんに行く時間がない人もおるっちゃろうけど、
この行列ばい!!!


20100504 どんたく (6)

ちょこっと引きますた。





そうこうしているうちに、お祭り特設ステージで、
わが「真弓ダンススタジオ」と「博多しょんがね隊」の出番ですたい。

肖像権の問題があるとのことで、
今回はダンス風景は掲載を控えさせていただきますが、
こげな感じ。(これは真弓ダンススタジオのステージ)
数千人の前で踊るの気持ちよさそうやなあ。
かわいらしさも満点で、観客もひときわ大きな拍手やったっす。

20100504 どんたく (10)




その後、パレードの撮影のため事前偵察を行っていたら、
中州大橋東側の歩道で絶好のポイントに、
ひときわ高い脚立が。

おいおい、アマチュアでもここまでやるとか?
まあ、数十万円する機材を投入しとる、
恐ろしいくらいの写真オタクがそこらじゅうにたむろしとうけん、
まんざらあり得んことじゃなかと思ったとですが。

20100504 どんたく (8)




よぉ~く見たら「西日本新聞・写真部」とマジックで書いてあるやん。
なるほど。さすがプロやのう!と感心した次第。

20100504 どんたく (7)



晴天で初夏の陽気。
おまけに信じられないくらいの人ごみ。
当然気分が悪くなる人の一人や二人は、
いておかしくないわけで。

パレードのインターバルでうろついている間に、
サイレンを聞くことも複数回。
遂に目撃してしもうたとです。
こげな日に救急車で運ばれるやら大変ばい。

20100504 どんたく (4)




パレードの撮影は「西日本元気隊」
「真弓ダンススタジオ」「博多ションガネ隊」の順で、
約1.3キロの道をダンスしながらパレード。

参加者は晴れの舞台だから気合が入るのはもちろん、
周囲にはパレードを支えるスタッフや機材もがっつりスタンバイ。

で、これは「博多ションガネ隊」の2つ前のパレード、
博多明太子の「ふくや」のパレードで音楽を流す音響車。
儲かっとっちゃろうなあ、「ふくや」

普通のラウドスピーカーが4台に、
ボーズ(プロ仕様音響メーカー)のtype802が4台!
これだけで間違いなく100万円以上するばい!
おまけにパワーアンプやらイコライザーやら、
とてもどんたくパレードのPA(音響)とは思えましぇ~ん。

20100504 どんたく (5)


案の定、とてつもない大音響で、
前後のパレードは自分の音楽が全く聞こえない状態。
クレームが入ったようで途中でボリュームが下げられたばってん、
それでも際立ったドデカイ音やったばい。






ということで、パレードのほうは無事に終了。
写真のフィルムも引き渡せて帰路へ。

と言っても今日は西新の実家で、
甥っ子の夏の誕生パーティーがあるとです。
開会ぎりぎりに間に合いますた。

で、一段落してばあちゃんから夏へプレゼントの贈呈。

20100504 どんたく



続いてバースデーケーキ、プリーズ!
となってロウソクをつけるはずやったのが・・・。
夏の実母であるところのぴおが、
何を思ったかロウソクも立てないままケーキをカッテイング?!
思わず二郎(わが弟、ぴおのだんな)が
(゚∀゚)ェェエエ工工!


20100504 どんたく (1)


気を取り直してカッティングしたままのバースデーケーキに、
何とかロウソクをさして「ハッピィバスデイトゥユ~~~♪」


20100504 どんたく (3)


いろいろあった連休の一日が終わりましたとさ。
めでたしめでたし。




毎度のご訪問、深謝いたしますです。
よろしければ「拍手」をポチッとクリックくだされ~m(_ _)m
このページのトップへ

FC2Ad

Information

よしゆきぱぱ
  • Author: よしゆきぱぱ
  • 1958年12月29日生まれの57歳。
    千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
    マセラティ・クアトロポルテ

Search

Calendar

04 « 2010/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

よしゆきぱぱ

Author:よしゆきぱぱ
1958年12月29日生まれの57歳。
千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
マセラティ・クアトロポルテ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。