こらよか!

よしゆきパパの日常ですたい。 まあみちゃってんなさいや。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
お袋から伝授された、
カレー風味鳥野菜煮込み。
その2回目である。
では、早速いってみようではないか。






材料は以下のとおりだ。
ニンジン、ごぼう、板こんにゃく、卵。
いずれも適量である。

20110804カレー煮Ⅱ (1)





まずは段取りを考えて、
ゆで卵を作ってみてくれたまえ。
これが最も時間がかかるからな。

20110804カレー煮Ⅱ





ニンジンはぶつ切り・乱切りで構わぬ。

20110804カレー煮Ⅱ (7)





余の近所のスーパーでは、
既に皮を剥いたごぼうを売っておる。
便利なことこの上ないではないか。
こういう手間を省けるなものがあれば、
是非利用してもらいたい。

20110804カレー煮Ⅱ (8)





こちらもぶつ切り・乱切りで良いぞ。

20110804カレー煮Ⅱ (34)





こんにゃくは、まず5ミリ程度に切断するのだよ。

20110804カレー煮Ⅱ (4)





1枚ずつ端から1センチ前後のところに切れ目を入れたまえ。

20110804カレー煮Ⅱ (5)





一歩の端を切れ目にくぐらせれば、
このようにねじれた造形が出来上がるのだ。

20110804カレー煮Ⅱ (6)





うむ、これで材料が全て揃った。

20110804カレー煮Ⅱ (10)






次はステージ1の煮込み汁だ。
これは冷蔵しておいたものである。

20110804カレー煮Ⅱ (2)





それを鍋に移すのだ。
そして沸騰する寸前まで暖めるのだ。

20110804カレー煮Ⅱ (3)





そこへ材料を一気に投入したまえ。

20110804カレー煮Ⅱ (11)

20110804カレー煮Ⅱ (12)





もし煮汁が足りなかったら、
水を足せばよい。
味付けが薄くなるのが心配であれば、
しょうゆ・砂糖・ワインなどを補給すべし。
カレー粉は言うまでも無い。

20110804カレー煮Ⅱ (13)






タイムスケジュールは40分程度でいいだろう。

20110804カレー煮Ⅱ (14)





おお、煮込んでおるな、良いぞ。

20110804カレー煮Ⅱ (15)





40分経過し、
煮込み終わった後の状態だ。

20110804カレー煮Ⅱ (16)





少し冷めたらこちらもタッパーに移したまえ。
何度も言うがタッパーでなくても構わぬが。

20110804カレー煮Ⅱ (17)





常温まで冷ます。

20110804カレー煮Ⅱ (18)





更にここから冷蔵庫に入れるのだよ、鶏肉と同じように。

20110804カレー煮Ⅱ (39)





半日以上冷やしたら食べれるぞ。
下段はある日の事務所での夕食である。
野菜サラダとのコンビネーション。
ヘルシーかつボリュームも満点ではないか。

20110804カレー煮Ⅱ00






こちらはクローズップ。
少し分かりづらいかも知れぬが、
鶏肉、卵、ニンジン、ごぼう、こんにゃくと、
栄養バランスも完璧に近い。
しかもだな。
カレーの風味が何とも言えぬ。
食欲がそそられるのだよ。

20110804カレー煮Ⅱ00 (1)






この料理、もちろんメインディッシュにもなりうるし、
(親族の宴会にも必ず登場しておる)
酒の肴にも最高であるぞ。
一度チャレンジしてみては。
夏の暑さも忘れるくらいだと思うが。
ま、頑張ってくれたまえ。





今日もお越しくださり、えろう嬉しゅうおます。
良かったら「拍手」をポチッとクリックくださいな。
スポンサーサイト
このページのトップへ
この夏のマイブーム。

おふくろから伝授してもらった、
カレー風味鳥野菜の煮込み。

冷やして食べるとほっぺたが落っこちますばいっ!
煮込むだけなのに信じられんくらい美味か。
ヘルシーで栄養バランスも満点。
騙されたと思っていっぺん作ってみんしゃい!
(一度作って御覧なさい)
絶対に損はせんけん!






では早速材料を紹介しよう。
若鶏の手羽モモ肉。(今回は16本)
しょうゆ。
ワイン。
にんにく、しょうが(いずれもチューブ入りで十分)
カレー粉適量
砂糖適量
こんだけである。

20110804カレー煮物ブログ用





まずは鶏肉を湯通しするのだ。

20110804カレー煮物ブログ用 (1)





おお、沸騰しておるな。

20110804カレー煮物ブログ用 (2)





湯通しした鶏肉である。

20110804カレー煮物ブログ用 (3)




鍋に入れると。

20110804カレー煮物ブログ用 (4)





次に鶏肉が浸かる程度の水を入れてくれたまえ。
さらにそこへしょうゆを投入する。
今回は200ccいれてみたのだがね。

20110804カレー煮物ブログ用 (5)





さらにワイン投入なのだ。
今回は300cc。
うむ、いい感じではないか。

20110804カレー煮物ブログ用 (6)





そこへ砂糖を入れてみよう。
これは好みだが私は50g投入してみた。

20110804カレー煮物ブログ用 (7)





次はしょうがとにんにく。
本物を入れれば理想的ではあるが、
チューブでも十分なのだ、この場合。

20110804カレー煮物ブログ用 (8)

20110804カレー煮物ブログ用 (9)





更にこの料理の決め手であるカレー粉!
これは大さじで2杯ほど。
決めてであるから容赦は出来ぬ!

20110804カレー煮物ブログ用 (10)





そしてここから煮込むのだな。
50分!
早まってはならんぞ。
冷やして食べる時に大きく影響してしまう。
十分時間をかけるのだ。

20110804カレー煮物ブログ用 (11)





よく沸いておるではないか。
うむ、これならいいできかも知れんぞ。

20110804カレー煮物ブログ用 (12)





さあ、煮込み終わった。
カレーの香りが堪らないではないか。

20110804カレー煮物ブログ用 (13)





煮込んだ肉をタッパーに移したまえ。
いや別にタッパーでなくとも構わぬが。

20110804カレー煮物ブログ用 (14)

20110804カレー煮物ブログ用 (15)





そのまま冷蔵するには熱過ぎる。
であるから、熱を冷ます。

20110804カレー煮物ブログ用 (16)





常温程度に冷えたら冷蔵庫の中へ。
少なくとも半日程度は冷やすのだ。

20110804カレー煮物ブログ用 (17)






という事で鶏肉の調理法方は簡単であるから、
諸君らにも理解できたと思う。
しかしここはまだステージ1なのだ。
続いてステージ2に移ろうではないか。

あ、大事な事を忘れておった。
煮込んだ汁は捨ててはならん!
ステージ2で利用するのだからな。
冷まして冷蔵庫にでも保存するのだ、うむ。頼むぞ!





今回もご覧いただき、かたじけのうござる。
よろしければ「拍手」をポチッとクリックくださらぬか。
このページのトップへ
ことしもまたお盆の季節。
13日と15日は、実家の西新で親族が集まって会食。
特に13日はウチの次男「コナン」と三男「裕紀」の、
誕生パーティも兼ねとるとです。






いつもの通りおおごっそう(大ご馳走)
ばあちゃんが夏バテ気味なので、
私が「若鶏の酒蒸し」「ゴーヤと海鮮の春雨サラダ」等を出品

20110813お盆ブログ用 (1)





コナンと裕紀に「誕生日おめでとう~!カンパァーイ」

20110813お盆ブログ用 (2)





食後みんなで行ったキャンプで覚えてきたダンスで盛り上がる。

20110813お盆ブログ用 (3)





落ち着いたところでケーキの時間。
これ裕紀のバースデーケーキ。

20110813お盆ブログ用 (4)





こちらはコナンのケーキと並べたところ。

20110813お盆ブログ用 (5)





「はぁっぴぃばぁーすでー、とぅーゆー♪」

20110813お盆ブログ用 (6)





ばあちゃんからプレゼント贈呈。
野球少年コナン。

20110813お盆ブログ用 (7)





裕紀も。

20110813お盆ブログ用 (8)





誕生パーティも重要ですが今日はお盆。
実家にある仏壇。
お迎え火を炊かにゃ。

20110813お盆ブログ用 (11)





お迎え火の準備をするコナン。

20110813お盆ブログ用 (12)





お迎え火に点火。
みんなで線香に移しおまいり。
今年もご先祖様を無事にお迎え。

20110813お盆ブログ用 (13)





15日はお盆の最終日。
再びおおごっそう。

20110813お盆ブログ用 (14)





こちら私の出品した「ゴーヤと海鮮の春雨サラダ」
いずれ製作プロセスを披露仕る。

20110813お盆ブログ用 (15)





こちら昨今、私が愛飲しとるジンとトニックウォーター。
柑橘系のさわやかさが溜まりません。
これもいずれご紹介仕る。

20110813お盆ブログ用 (16)





さてさて食後は送り火。
これは実家の提灯。
なかなか風流。

20110813お盆ブログ用 (18)




準備するコナンと義樹。
二人とも随分使えるようになったものよ。

20110813お盆ブログ用 (19)





それでは送り火に着火。
ご先祖様、また来年来てくださいませ~♪

20110813お盆ブログ用 (20)





という具合で今年も無事にお盆終了でござした。



毎度のお越し、感謝です。
良かったら「拍手」をポチッとクリック、よろしくです。
このページのトップへ
前々から欲しい欲しいと思っていた、
医療ドラマの傑作、
「白い巨塔」(1978年版:田宮二郎主演)を、
ヤフーオークションでついに手に入れた!

発売時5万円以上して手が出なかったものが、
5分の1ちょっとの落札価格。
余は満足である。

20110803DVDケース





それはいいとばってん、
DVD9枚組み、全31回の大作。
ビデオよりも薄いとは言え、
ご覧のとおりかなりのボリューム。

20110803DVDケース (1)

20110803DVDケース (2)





そこでDVDのコンパクトさを生かし、
省スペースを図るために導入したのが、
SANWA SUPPLY DVD-W12-03C DVDトールケース(12枚収納) クリア

yk083.jpg





DVDケース2個分の厚さで、
何と12枚ものDVDを収納できるスグレモノ!
DVD9枚組みの「白い巨塔」もラクラク飲み込めると言うわけ。
で、これがやってきたケース。
3つセットなので結構厚い。
しかもこれだけで36枚のDVDを収納できる!

20110803DVDケース (3)





パッケージから取り出したところ。

20110803DVDケース (5)





ケースを開ける。
DVDを固定する仕切りが見える。

20110803DVDケース (6)





さっそく「白い巨塔」のケースを解体。
まずはケースカバーを取り出す。

20110803DVDケース (8)

20110803DVDケース (9)





取り出したケースカバー、ケースとDVD、
インデックスにわけたところ。
残り9枚も同様に。

20110803DVDケース (10)





すっかり分かれた。

20110803DVDケース (11)





新しい12枚汲みケースに、
DVDを1枚ずつはめ込んでいく。

20110803DVDケース (12)

20110803DVDケース (13)

20110803DVDケース (14)





はめ終ったところ。
しかしこれだけでは目印がない。

20110803DVDケース (15)





そこでWordでケースカバーを作成。
背表紙に英語でタイトルを入れるシンプルさ。
しかしこれだけでも全然違うとですたいね。

yk081.jpg





プリンターで印刷。

20110803DVDケース (16)





印刷したものは当然A4サイズ。
これを12枚ケースに付属のカバーに合わせて裁断する。

20110803DVDケース (17)





裁断したらさっそく、
12枚組みケースのカバー入れに差し込む。

20110803DVDケース (18)





出来上がり!

IMG_0143.jpg





DVD9枚組の「白い巨塔」が、
このコンパクトさ!

IMG_0141.jpg





中を開ければこんな感じ。

20110803DVDケース (21)





テレビラックに入れたところ。
横は「カタストロフ」(大災害)のDVDケース(10枚収納中)。
つまりこれだけでDVD19枚が収納されとるとです。

20110803DVDケース (22)

20110803DVDケース (23)

DVD収納にかけちゃピカ一の省スペースを実現。
カバーやインデックスを別に、と割り切れば、
こんだけのコンパクトさが実現できるとですたい。
こらよか、ほんなごとよか!
      (本当に良い!)







本日もおいでくださり、深く感謝申し上げます。
よろしければ「拍手」をポチッとクリックいただけるとありがたいのですが。
このページのトップへ
私のメールマガジンからの転載です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. 元気を出そうや!*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★
--------------------------------------------------------------

■以前紹介しようと思っていた話題なんですが、
キレイに忘れてました(笑)
それが昨日のネットニュースで思い出し、
急遽ご紹介することに。

まずはこちらのニュースをどうぞ。


---------------------------------------------------------------


【九州新幹線CM、カンヌ国際広告祭
アウトドア部門金賞、メディア部門銀賞…
マイア・ヒラサワ「非常に光栄なこと」】
(オリコンニュース 2011.06.24)

九州新幹線全線開業記念「JR九州/祝!九州キャンペーン」CMが、
「カンヌ国際広告祭」のアウトドア部門にて金賞、
メディア部門にて銀賞を受賞した。

同CMソング「Boom!」を書き下ろした
日本人の父とスウェーデン人の母を持つシンガー・ソングライター、
マイア・ヒラサワは
「素晴らしいことだし、非常に光栄なことです」と喜びを語った。

九州全土に新幹線が開通する
一大プロジェクトのために制作された同CMは、
東日本大震災の影響でお蔵入りとなったものの、
その映像が動画サイトYouTubeで話題となり、
「元気をもらった」、「今の日本に必要なCM!」などの声が、
動画サイトのコメント欄やSNSに寄せられ、
口コミで広がった。

CMでは、鹿児島中央駅~福岡・博多駅間を走るなか、
沿線の1万5000人以上が参加した
壮大な“ウェーブ”を車内から撮影し、
180秒のロングバージョンも制作されたほどの大作となった。

「カンヌ国際広告祭」は、広告賞のなかでも世界最大規模を誇り、
毎年6月に南フランスのカンヌ市で開催され、全12部門あり、
アウトドア部門は、看板、サインなどの屋外広告を対象とした部門で、
最近ではゲリラ的なものやデジタルを利用したものなど、
様々な作品を対象にしている。

なお、同CMソングは、
5月18日に発売されたミニアルバム『Boom!』に収録されている。


---------------------------------------------------------------


そのCMがこちら。


【Youtubeより祝!九州新幹線全線開CM180秒】
http://20110625.zz.tc/celebmakers


九州新幹線全線開通前に、
新幹線車両をゆっくり走らせ、
沿線に一般の市民が集まりウェーブを送る。

たったこれだけなんですが、
見ているうちにジワジワ感動が。
コメントにも涙が止まらないという人が大勢書き込んでいて。

九州新幹線開業は3月12日。
そう東日本大震災の翌日だったんです。
なのでこのCMは11日以降は、
ほとんど放映されませんでした。

それがYoutubeにアップされると、
感動の輪が広がって視聴回数もうなぎのぼり。
現在230万回視聴されてます。
今回の受賞でもいっそう感動する人が増えるでしょう。

3月11日以降、日本は暗い話題ばかり。
でも日本って、こんなにステキなんだよ。
日本人って、こんなに元気があるんだよ。
そんなメッセージが伝わってくるこのCM。

東日本大震災の痛手はまだ癒えていないけれど、
私たち日本人が力を合わせれば、
きっとまた明るい笑顔が戻ってくるんじゃないでしょうか。

下を向いて生きていても夢はかなえられませんもんね。
でも最後まで諦めず、ポジティブに前向きに、
人生に取り組んでいけば、
きっといい事があるよ~♪
そんなことを感じさせてくれるこのCM。
お気に入りに入れておいて損はないですよ☆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




で、この九州新幹線のCM。
JR九州からDVDで発売されとったとです。
ばってん、そのことを知ってこりゃ手に入れるべしと、
ホームページにアクセスしたら・・・

yk08002_20110803113336.jpg

赤枠の中を拡大。

yk08001.jpg
つまり終わり。そーるどあうと。
とほほ・・・。




しかしそうなるとますます欲しくなってくる。
そこでひらめいたのがヤフーオークション。
探してみると、おお!あるではないか!

ただ販売価格が1000円だったものが、
落札価格は軒並み2000円以上。
中には3000円を越えるものも。
人気の程が分かりますな。

でも何とか2000円ちょっとで落札できた!
という事でやってきたのが、
こちらのDVD。

20110801九州新幹線





ケースを開いたところ。
パンフレットが封入されとる。

20110801九州新幹線 (1)






こちらDVD本体。
カラフルなパッケージでなかなか雰囲気があるばい。

20110801九州新幹線 (4)





早速鑑賞、鑑賞。

20110801九州新幹線 (5)

20110801九州新幹線 (6)


全体で51分。

◇イベント事前CM15種類

◇開業直前CM9種類

◇開業時CM8種類

◇開業後/各駅編14種類

◇メイキング・ロングバージョン


と盛りだくさんな内容。
参加したみんなが楽しそうで、生き生きしていて、
見ているこちらも元気が出てくるばい。

まだ見てない人は上記リンクから、
是非一回は見てやりんしゃれんですか。
元気が出ること請け合いですたい!






本日もご訪問いただき多謝多謝でござりまする。
よろしければ「拍手」をポチッとクリックしてくださいませんかのー。
このページのトップへ

FC2Ad

Information

よしゆきぱぱ
  • Author: よしゆきぱぱ
  • 1958年12月29日生まれの57歳。
    千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
    マセラティ・クアトロポルテ

Search

Calendar

07 « 2011/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

よしゆきぱぱ

Author:よしゆきぱぱ
1958年12月29日生まれの57歳。
千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
マセラティ・クアトロポルテ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。