こらよか!

よしゆきパパの日常ですたい。 まあみちゃってんなさいや。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
サラウンドシステムとは、
多数のスピーカーをリスナー(視聴者)の周囲に配置し、
音響成分をそれぞれのスピーカーに振り分けて、
リスナーに多方向からの音響を視聴させることにより、
あたかもその現場にいるかのような臨場感を、
かもし出すためのシステムでござる。

中でも最も効果的とされるのが、
5.1ch(チャンネル)・サラウンドシステム。

51ch_image.gif

5.1ch(チャンネル)とは上図の通り、
前方(フロント)の左右に一つずつ:2チャンネル
前方センターに一つ:1チャンネル
後方(リア)の左右に一つずつ:2チャンネル
重低音を受け持つサブウーファー:0.1チャンネル
合計5.1チャンネルのスピーカーで構成するシステムですたい。

で、先日購入したサラウンドシステムは、
前方左右のスピーカーとサブウーファーの、
2.1チャンネル構成。
擬似(仮想)サラウンドシステム。
あたかも後から音が聞こえてくるような錯覚を起こす、
サラウンド音響ばってん、
本物の5.1チャンネル・サラウンドシステムにはかないまへん。

しかも価格が価格なので、
サブウーファーはともかく、
前方に配置するスピーカーはお世辞にも良い音とはいい辛か。

そこでメインで前方左右に配置するスピーカーって、
幾らくらいするとかいな。
そう思ってネットを見たのが運の尽きやった。

こげなとば見つけてしもうたとです。

ONKYO D-108E

サラウンドスピーカー20111027


ONKYO D-108C

サラウンドスピーカー20111027 (1)

適当な画像が無かったけん、
amazonのサイトですばってん、
実際には上のスピーカーが19,000円!
下のセンタースピーカーが7,800円!
特にメインの柱状スピーカーは1台の価格や無かですばい。
2台セット、ペアでこの価格!!!
よかとか、オンキョー?

あ、オンキョーはもちろん国内メーカー。
古くからスピーカーで名を馳せとる、
文字通り音響専門の老舗。

私のパソコンに繋いでいるスピーカーも、
このオンキョーの製品。
その性能は疑いなし、やばってん。
この価格、大丈夫かいな?
パソコンのスピーカーでちゃ1万円したばい。

まあ、しかしこの値段やったら、
ダメでもともとやしな。
そう考え購入ボタンをクリック。






そしてやってきました、
サラウンドスピーカー。
まずはセンタースピーカー。

サラウンドスピーカー20111027 (2)





梱包箱から出してみると、
鏡面仕上げのエンクロージャー(スピーカーの箱)が、
見事に周囲を映し出す!
ピアノブラックが実にクール!

サラウンドスピーカー20111027 (3)




サランネット(スピーカーの保護カバー)をはずした状態
ホワイトのコーン(スピーカーの振動版)が映えとるやないか!
こらええぞ!

サラウンドスピーカー20111027 (4)





さっそくラックに納めてみたところ。

サラウンドスピーカー20111027 (5)





サランネットを嵌めてみる。
目立たなくなるが、要は音やけんな。

サラウンドスピーカー20111027 (6)





次はメインスピーカー。
こちら梱包。

サラウンドスピーカー20111027 (7)





蓋を開ける。
えらいしっかりパッキングされとるばい。

サラウンドスピーカー20111027 (8)





箱から取り出したところ。
角柱状のスタイルが分かる。

サラウンドスピーカー20111027 (9)





カバーをはずす。
おお!こちらもピアノブラックで鏡面仕上げ!
よかばい!
あ、サランネットをはずした状態ね。

サラウンドスピーカー20111027 (10)





サランネットを取り付け。
鏡面仕上げで周りの景色がよく映り込んどろう?

サラウンドスピーカー20111027 (11)





こちら裏側。
バスレフといって低音を強調するための、
スリット(隙間)が開いておる。

サラウンドスピーカー20111027 (12)





うーむ、値段不相応なルックス。
どう見てもペアで2万円以下には見えん。
昔なら1本数万円してもおかしくないレベル。

サラウンドスピーカー20111027 (13)





スピーカーは、
中高域を受け持つフルレンジ・スピーカー2つに、
超高音域を受け持つツィーターが1つ。
もちろん重低音はサブウーファーが受け持つとです。

サラウンドスピーカー20111027 (14)





ご覧のとおりフルレンジ・スピーカーは、
ちょっと変わった構造。
でこぼこがあるエンボス加工が施してある。
しかも材質はシルク繊維ときた。
いったいどうやったらこの価格で製造販売できるのやら。

サラウンドスピーカー20111027 (15)

サラウンドスピーカー20111027 (16)





という事でいったん設置完了。
うーむ、ルックスは文句の付けようがなか。
ばってん音はどげんかいな?
と、試しにCDをかけてみる。

壮大なスケール感とかインパクトのある切れ込みは、
さすがに望めんばってん、
黙ってこの音を聞かせて値段を言い当てる人間は少ないやろう。
なんにせよコストパフォーマンスは信じられん位の高さ。

サラウンドスピーカー20111027 (17)

てなわけでBlu-rayDiscレコーダーから始まった、
サラウンド地獄。
いよいよ完結に向かいまする。

え、まだ何があるのかって?
ご覧のとおり、スピーカーは背後には無いとです。
背後にスピーカーを設置する方法ば考えたとばってん、
なかなかいい方法が浮かばん。

しかし現代は恐ろしいくらい便利な世の中。
ついに問題解決法が見つかりましてのう。
また、次回に書きますけん、
楽しみにしてやりんしゃれんですか。
(楽しみにしてもらえませんか)




今日もおいでくださり恐悦至極。
よろしければ「拍手」をポチッとクリックお願い奉りまする~
スポンサーサイト
このページのトップへ

昨日、メインで使っとるパソコンがこっぱげおった。(壊れおった)
いや、パソコン機能上は全く無問題ばってん、
DVDドライブのカバーが開きっぱなしに。
なんともしまらん状態に。(あ、オヤジギャグではござらぬ)

パソコン故障20111024

パソコン故障20111024 (1)






何とかして元に戻らんかやってみたけどダメ。
仕方ないので製造・購入元の、
マウスコンピューターに電話。

このパソコン、昨年10月12日に注文。
届いたのが11月5日。
で、保証期間は1年。
そう、きっちり1年目ちょっとに故障してくれたわけ。

有料修理になるかも、
くそーと思いながら電話してみたら、
案に反して、
「期間はちょびっと過ぎとるばってん、無料でよござす(いいですよ)」
との返答が。
おお!マウスコンピューター、なかなか良心的やないか。

で、さっそく梱包。

パソコン故障20111024 (2)

パソコン故障20111024 (3)






修理明細に症状を記入し、
保証書や購入メールのコピーも添付。

パソコン故障20111024 (4)







クロネコヤマトで送り出し。
修理には2週間かかった。
ばってんマウスコンピューターの対応は、
予想以上の高得点。

なんとパソコン内部のメンテナンスまでやってくれて、
不調のあった基盤交換までやってくれとった。
やるやないか、マウスコンピューター。
つぎもMac以外のパソコン買うならここばい。

パソコン故障20111024 (7)






いつもお運びくださり、感謝です。
良かったら「拍手」をポチッとクリックくださいませ。
このページのトップへ

昨日は長男:義樹の17歳の誕生パーティでござした。
例によって西新の実家で開催。
例によってテーブルに並んだおおごっそう。

義樹誕生パーティ20111022






長女めいが体調不良、かあちゃんが仕事で、
徳松先生も仕事。最初は地味に。
まずは「かんぱ~いっ!」

義樹誕生パーティ20111022 (1)





徳松先生登場。
先生はウチの子ども達4人全て、
保育園で面倒を見てくれた恩人。
(あ、甥の二人も)

義樹誕生パーティ20111022 (2)





かあちゃんも駆けつけてくれ、
食事も一段落。
義樹にプレゼント贈呈の時に、
徳松先生が長男:義樹と次男:コナンを間違え、
プレゼントを渡してしまい大爆笑。

義樹誕生パーティ20111022 (3)





改めてばあちゃんからプレゼント贈呈。

義樹誕生パーティ20111022 (4)





そして今度は間違いなく徳松先生から義樹に。

義樹誕生パーティ20111022 (5)





バースデーケーキに着火。
「ハッピバースデー・トゥユー・よっしっきぃ~♪」

義樹誕生パーティ20111022 (7)





とまあ、いつもどおりのハッピータイムでござったが、
そこでばあちゃんが川島(父方)の、
古いアルバムを出してきてくれた。
これがびっくりしゃっくり。

義樹誕生パーティ20111022 (8)





なんとおやじ殿の6歳の時の家族写真が!
赤枠がおやじ殿。
日付は昭和8年4月22日。
1933年ですよ。今から78年前!!!

この日は京都帝国大学(現在の京都大学)で、
思想弾圧事件「滝川事件」があった日。
またこの年はヒトラーがドイツ首相に選ばれ、
日本が国際連盟を脱退。

みんな今じゃ歴史上の出来事ばい。
そげな時に家族写真が残っとるやら。
実はおやじ殿のおやじ殿、すなわち私にとっての父方の祖父様は、
義樹の通う福岡工業高等学校の先生でござった。
なので、カメラにも縁があったということたい。

義樹誕生パーティ20111022 (9)






でもってアルバムで真に驚いたとはこれ。
今は統合されて無くなってしまった、
ご祖父様がいた、
御供所小学校の女子生徒が書いた習字。

小学校6年の女の子の字ばい、これ。
みんな達筆すぎる~!
しかも一枚の紙に皆で書いとるとですばい!
間違いは一切なし!

緊張したろうなあ、これ書く時。
いやあ、しかしこの頃の女の子は、
大和撫子しとっちゃったなあ!
それに較べると今時の女の子は・・・まあ、いいか。

義樹誕生パーティ20111022 (10)

いずれ暇ができたら、
ぜひ家系図を作りたい、というのが夢でござる。
その時にはこのアルバムもぜひ活用したいもんたい。
ともかく面白い一日でござしたばい。





本日もお運びかたじけのうござる。
よかったら「拍手」をポチッとクリックくだされば、
さらにありがたく存じまする。
このページのトップへ
Blu-rayDiscレコーダー導入後、
そのあまりの高画質もさることながら、
Blu-rayDiscに収録されている高音質を生かしたくなったとです。

んで、音が体の周囲を回りこみ臨場感が味わえる
サラウンドシステムっていくらくらいかいな?
そう思ってネットを覗いたのが運命の尽き。
こげなとば見つけてしまったとです。

DENON DHT-S500HD

あ、リンクは価格ドットコムなのであしからず。
しかし驚異の低価格ですばい!

サラウンドアンプ・フロントの二つのスピーカー・
重低音を出すサブウーファーがセットになって、
しかも国産メーカーの製品が、
3万円以下とは、いったい世の中どうなっとるんだ?!

サラウンドシステムと言やあ、
10万円以下じゃ手に入らんと思うとったとに。
いや、もう迷い無く購入ボタンをクリック。

サラウンドアンプ 20111020





てなわけで、やってきましたサラウンドシステム。

サラウンドアンプ 20111020 (1)






箱を開けると、

サラウンドアンプ 20111020 (2)





中から出てきたセット。
赤枠で囲ったのがサブウーファーね。

サラウンドアンプ 20111020 (3)





TVラックに納めたところ。
左右のスピーカーとアンプ。

サラウンドアンプ 20111020 (4)





サブウーファーは本棚と壁の隙間に押し込む。

サラウンドアンプ 20111020 (5)





アンテナケーブルをアンプに接続。

サラウンドアンプ 20111020 (6)





スピーカーコードも接続。

サラウンドアンプ 20111020 (7)





Blu-rayDiscレコーダーとはHDMIケーブルで接続。

サラウンドアンプ 20111020 (8)




接続はこれだけ。
後は電源を入れて初期設定。
これも付属リモコンからTV画面を見ながらサクサク。

DENON DHT-S500HDは設定用マイクまで付属しとるばってん、
今は後方に設置するスピーカーがないけん、
とりあえず前方スピーカーだけの擬似サラウンドに。

サラウンドアンプ 20111020 (10)

サラウンドアンプ 20111020 (11)

以上で設定を終えて、
さっそくBlu-rayDiscを視聴してみたら・・・。
これ使えん、マジで・・・。
何と言ってもサブウーファーからの重低音が並みや無かとです!
「アバター」やら「ブレードランナー」とか、
もうそら地響き・地鳴りですばい。
あまりの大迫力に夜間は使用不可能。

これで3万円切るやら、
世の中、やっぱりどうかしとるばい!

まあ、しかしサラウンドは前方だけじゃモノたりん。
だんだん、そうやってサラウンド地獄に落ちていったとです(笑)





本日もお越しの程、恐悦に存ずる。
よろしければ「拍手」をポチッとクリックくだされい。
このページのトップへ
本当はアップルのデスクトップパソコンiMacと、
超薄型ノートパソコンMacbook Airを買おうと思ったとばってん、
それだとのめりこんで仕事にならんのは目に見えとる。

そんかわりということじゃなかばってん、
これが目に止まったとです。

Blue-leyDVDレコーダー
パナソニックDIGA DMR-BRT300

あなた、Blue-leyDVDレコーダーって言ったら、
10万円位するんじゃないか?
そう思っていたら取り残されますばい。

こいつ500GBのハードディスク装備で、
なんと32,000円強!
ちょっと前にゃ考えられん下落ぶりでしょうが。

yk113.jpg





てなわけで、さっそくやってきました。

ブルーレイDVDレコーダー





箱から取り出す。

ブルーレイDVDレコーダー (2)





マニュアルが結構厚い。
操作を覚えるのが大変そうやな。

ブルーレイDVDレコーダー (18)





さっそく接続に取り掛かる。
まずはラックに押し込んで。

ブルーレイDVDレコーダー (5)





背面から各種ケーブル類を接続すると。

ブルーレイDVDレコーダー (6)





まずはアンテナ入力。
BS地上デジタルとCSに分けて接続。

アンテナ入力






次はHDMIケーブル。
これ、パナソニックのテレビに装備されている、
ビエラリンクというコントロールシステム用。
このケーブル一本で映像音声はもちろん、
テレビのリモコンでBlue-leyDVDレコーダーまで操作できるスグレモノ。
価格だけじゃなくて、このビエラリンクもポイントでござした。
(テレビは当然パナソニック・ビエラやし)

HDMI端子





こちらは音声専用のデジタル光ケーブル。
Blue-leyディスクは情報量が多いので、
音声も通常DVDより強力。
サラウンドヘッドフォンがより生きるばい。

ブルーレイDVDレコーダー (10)





ほんでもって最後に電源ケーブル接続。

電源





ケーブル類を整理して接続終了。

接続終了





こちら前面パネルを開いたところ。

ブルーレイDVDレコーダー (11)





ご覧じろ。
こいつはパソコンとも親和性が高いとです。
USBポートがあるのでパソコンとも接続できる。
もっとも背面にゃLANケーブルも繋げるばってん。
おまけにSDカードスロットまで。
デジカメ等の外部機器で撮影した写真は動画を再生できるとですたいね。

ブルーレイDVDレコーダー (12)





で、こちらはBS放送を視聴するための、
認証用のB-Casカード。
これをスロットに差し込んで全ての作業が完了。

ブルーレイDVDレコーダー (13)





Blue-leyDVDレコーダーを加えたシステム完成♪

ブルーレイDVDレコーダー (27)

しかしBlue-leyDVDレコーダーは、
当然の事ながらBlue-leyディスクが無いと、
本領を発揮せんわけですたいね。
なもんで前から欲しかったBlue-leyディスクば、
何枚かそろえたとです。
それでちょこっと再生した見たら!

もうそりゃのけぞりましたばい!
Blue-leyがこげん凄かとは!
もうDVDにゃ絶対戻れん!
アップルのパソコンとは別の意味で、
泥沼に踏み込んでしもうたとです。

ばってんそれば書き出すとまたまた長くなるので、
次回以降にさせてやらっしゃれんですか。






本日も起こしいただきありがとうございました。
良ければ「拍手」をポチッとクリックくださいまし。
このページのトップへ
iphoneはスグレモノの情報端末やけど、
タッチパネルで入力が面倒。
画面上のキーボードが小さいから、
直ぐに打ち間違える。

なのであんまり入力する気にならんとです。
おかげでメールには、
ほとんど使っとらんやったとですばってん。

いや、iphoneにも勝るとも劣らん、
超絶ツールば発見しましたばい。
これ!

エレコム・ポータブルキーボードTK-FBM032BK

yk112.jpg





Bluetoothという通信システムで、
無線でiphoneに接続できるとです。
んでもって、キーボードで入力できるとですよ!

善は急げ!
という事でやってきました、ポータブルキーボード君

ポータブルキーボードブログ用





箱を開けてみると・・・

ポータブルキーボードブログ用 (1)





入ってたのはこんだけ。

ポータブルキーボードブログ用 (2)





ビニールから出したところ。
一見、何なのかわらんやろ?
左がケースで右が本体。
上はマニュアル。

ポータブルキーボードブログ用 (3)





これが本体。

ポータブルキーボードブログ用 (4)





縦から見ると二つに割れるようになっとります。

ポータブルキーボードブログ用 (5)





で、開いたところ。
中にはキーボードが。
でも、離れ離れに・・・大丈夫かいな?

ポータブルキーボードブログ用 (6)





ご安心召され。
キーボードの右を押してやると、
右側のキーボードがスライドして一つに!
なかなか考えとるやんけ。

ポータブルキーボードブログ用 (7)

ポータブルキーボードブログ用 (8)





これがどのくらいの大きさかと言うと、
いつも使いよるフルサイズのキーワードと較べると、
こげな感じになりますとたい。

ポータブルキーボード君






早速使うために電池を入れる。
左上に電池入れがあるとです。

ポータブルキーボードブログ用 (9)






電池ば入れたところ。
電池は単3ですたい。

ポータブルキーボードブログ用 (10)





次はiphoneとの接続(ペアリングといいます)ですたい。
左上はBluetooth機器と接続するためのペアリングボタン。
右は電源スィッチ。

ポータブルキーボードブログ用 (13)





電源スィッチON。
ポータブルサイズやけんちょっとやりにくかとです。
まあ、この大きさやけん、しょんなかたい(仕方がない)
電源が入ると上の緑にインジケーターが光るとです。

ポータブルキーボードブログ用 (14)





今度はペアリングボタンを押す。
やはり上の緑のインジケーターが点灯。
これでBluetoothが接続状態に。

ポータブルキーボードブログ用 (15)





次にiphone側でポータブルキーボードを接続するための、
Bluetooth設定を行うとです。
まずホーム画面の「設定」をタップ(指で触れる)。

ポータブルキーボードブログ用 (16)





設定画面が開くので「一般」をタップ。

ポータブルキーボードブログ用 (18)





一般のページが開く。
そのなかにしっかり「Bluetooth」があるとですたい。
これをタップ。

ポータブルキーボードブログ用 (19)





「Bluetooth」のページに入るとです。
「Bluetooth」は最初はオフになっとるけん、
ここをタップしながらスライドしてやると・・・、

ポータブルキーボードブログ用 (20)





「Bluetooth」がONになりますとたい。
そして、おおお!
直ぐにポータブルキーボード君の型番、
TK-FBM032BKが表示されるっ!
こらすごか!

ポータブルキーボードブログ用 (21)





そこでポータブルキーボード君のモデル型番、
TK-FBM032BKをタップしてやると、
こげな表示が。
パスワードを入れるということやな。

ポータブルキーボードブログ用 (23)





表示された数字を、
ポータブルキーボード君から入力してやると、
表示が「接続されました」と出たっ!
これでBluetooth接続完了ですたい!
ここまで、ものの3分もかかっとらん。
いやiphoneもBluetoothもポータブルキーボード君もすごか!

ポータブルキーボードブログ用 (24)





接続できたので早速、
ポータブルキーボード君を使って入力テスト。
メールを打ち込んでみたら、

ポータブルキーボードブログ用 (28)





もう、サックサクに入力できるとです!
キーボード自体が小さいけん、
ちょっと注意は必要やばってん、
タッチパネルの入力し難さに較べたら月とスッポン!
最高ですばい!

IMG_0108_20111006161217.jpg





Bluetooth機能があるモバイルツールにゃ、
これ必需品といってもよかですばい!
タッチパネル入力のやり難さから解放されるとやけん、
能率が段違いにアップすると思わんですか。
コイツは日本語表示キーボードですばってん、
英語表示もあるけん、好きな方ば選べばよかです。

ipad2にもBluetooth機能があるけん、
早速繋いだらこれもあっけないくらい簡単!
いやいや、Bluetooth恐るべし!

あ、ただ機種によってはBluetoothのバージョンが違い、
使えないものもあるので購入前によく確かめてやらっしゃれんですか。
(一番いいのはエレコムに問い合わせるとがよかでしょう)

とにかくこれ買って大正解やったです!
スマートフォンとかタブレット型パソコンを持つ人は、
いっぺん検討して損はなかですばい!
ほんなごつ、こらよか!
(本当に、これは良い!)





今日もお運びくださり恐悦に存じまする。
良かったら「拍手」をポチッとクリック願えませぬか。
このページのトップへ

FC2Ad

Information

よしゆきぱぱ
  • Author: よしゆきぱぱ
  • 1958年12月29日生まれの57歳。
    千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
    マセラティ・クアトロポルテ

Search

Calendar

09 « 2011/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

よしゆきぱぱ

Author:よしゆきぱぱ
1958年12月29日生まれの57歳。
千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
マセラティ・クアトロポルテ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。