こらよか!

よしゆきパパの日常ですたい。 まあみちゃってんなさいや。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
池先生の79歳の誕生日を祝うことに。
会場はいつもの姪浜(めいのはま)「髭だるま」




諸石君、棚町君、保坂さん、私で、
姪浜駅で待ち合わせて先生をお迎え。
先生、お元気そう。

池先生79歳誕生パーティ20120310





「髭だるま」まで徒歩で数分。
先生が元気でなによりばい。

池先生79歳誕生パーティ20120310 (1)






「髭だるま」の入り口にこんなものが。
兜煮にしたら豪快やろうなあ。

池先生79歳誕生パーティ20120310 (2)






「髭だるま」で横尾さんが合流。
乾杯前にみんなで記念写真。

池先生79歳誕生パーティ20120310 (3)






先生の長寿を祈念して「カンパァ~イ」

池先生79歳誕生パーティ20120310 (4)






出た!「髭だるま」名物、シマアジの活け作り。
尾ひれがピクピク動く新鮮さ!
身も引き締まって歯ごたえ十分、それでいて甘いとです。

池先生79歳誕生パーティ20120310 (5)





食事が落ち着いたら、
横尾さんから先生に誕生プレゼント♪

池先生79歳誕生パーティ20120310 (7)






とっても上品なフラワーアレンジメント。

池先生79歳誕生パーティ20120310 (8)






横尾さん、保坂さんに挟まれご機嫌の先生。
先生、まだまでお元気でおってください。
先生のおかげで、こげんしてみんな集まれるとですけん。

池先生79歳誕生パーティ20120310 (9)





先生は8時がおねんねタイム。
なので横尾さんと保坂さんがお宅まで送っていくことに。
その間、男どもは「ipad」で昔のアニソンで懐かしごっこ。

池先生79歳誕生パーティ20120310 (10)






戻ってきた女性陣も懐かしごっこにはまる。

池先生79歳誕生パーティ20120310 (11)






そのうち、さっきの活け作りが味噌汁に変身。
これも絶品でっせ。

池先生79歳誕生パーティ20120310 (12)






サービスで出たフルーツデザート。
女性陣、大喜び\(*^^*)/

池先生79歳誕生パーティ20120310 (13)






女性陣は一次会でお帰り。
男性陣は地下鉄で藤崎に移動。
半年ぶりに内田君と再会。盛り上がりまくり。べろべろ。

池先生79歳誕生パーティ20120310 (14)





その勢いで3次会突入!
て言っても、棚町氏と私だけなのだが。
原交差点傍の「ほりわき」
目立たない店ばってん、内容は飛びっきり。
今度、みんなで盛り上がりたい、ぜひっ!

池先生79歳誕生パーティ20120310 (15)

池先生79歳誕生パーティ20120310 (16)





出てきたお造りを写メする棚町氏。
釣師の彼が関心を示すほどの逸品。

池先生79歳誕生パーティ20120310 (17)

池先生79歳誕生パーティ20120310 (18)

ほんと、店は場所や見かけやなか。
てな具合で夜中1時過ぎまで呑み助どもが騒いだわけ。
しっかし、小学校の恩師の79歳バースデーを祝えるやら、
高取小学校を卒業した時は露ほども考えんやったばい。
先生、ほんなごと後10年くらいは頑張ってくださいね。







今日もご入来いただき、かたじけなく候。
よろしければ「拍手」をポチッとクリック、お願い奉りまする~!
スポンサーサイト
このページのトップへ
事務所にあるサラウンドシステムの後に位置する、
リアスピーカーはもともとサラウンドアンプに、
付属してきたもの。
まあ、オマケたいね。
悪うはなかばってん、やっぱ音が軽か。

リアスピーカー201203028

リアスピーカー201203028 (1)






なもんでネットば見よったら、こげなモデルを、
サラウンドアンプメーカーのデノンがリリースしとる。

DENON スピーカーシステム SCA33SGK

Amazonや価格ドットコムの評価も良いし、
こら、なかなかよさそうばい。値段も手頃やし。

リアスピーカー201203028 (2)






てな事でやってきましたスピーカー殿。

リアスピーカー201203028 (3)






早速開封するとです。

リアスピーカー201203028 (4)





箱を開けたところ。
Amazonのレビューにもあるばってん、梱包がえらい頑丈。
ここまでせんでもいいやろ、と思うくらい。
デノンの本気モードが感じられるばい。

リアスピーカー201203028 (5)






現れた本体とパーツ。

リアスピーカー201203028 (6)






これがスピーカー本体。
パッケージから取り出し、
サランネット(スピーカーのカバー)を外したところ。
うーん、鏡面仕様のピアノブラックがよかばい。

リアスピーカー201203028 (7)






これは高音を受け持つツィーター。

リアスピーカー201203028 (8)






こちらは中低音を受け持つウーファー。

リアスピーカー201203028 (9)







現用機と並べてみる。
一目瞭然。

リアスピーカー201203028 (10)






さっそくスタンドに取り付け~♪

リアスピーカー201203028 (11)






配線を接続。
本当はバナナプラグという特殊な接続ツールがあると、
簡単に、しかも確実に接続できてよかばってん、
それはまた今度。

リアスピーカー201203028 (12)







スタンドへ取り付けとスピーカーケーブル接続終了

リアスピーカー後続 (1)






うーむ、オマケのスピーカーとは存在感が全く違うとです。

リアスピーカー後続 (2)






外見は文句なしやが音はどげんかいな?
とセッティングして音を出してみると・・・、

リアスピーカー後続 (5)






もうね、別次元。雰囲気が一変。
サラウンドの臨場感がハンパじゃなかとです。
写真が「ゴッドファーザー」
目の前でマーロン・ブランドがしゃべりよる!
背景のウェディングパーティのざわめきや歓声もリアルすぎる~

リアスピーカー201203028 (13)

このリアスピーカー、
メインスピーカーにしてもおかしくないクオリティですばい!
好きなクラシックやJAZZも心いくまで堪能できるとです!
こんな逸品がリーズナブルに手に入る!
なんちゅうよか時代かいな。

ばってん、大きな悩みが。
さらに迫力が増したサラウンドAV(オーディオビジュアル)システム。
フルボリュームで聴こうとしたら地鳴りがして、
そこらじゅうから苦情が来るとは間違いなか。
やけん、昼間しか使えんとですよ(T_T;)

あー、これでますます事務所の引越しは、
重要性・緊急性が増してきたばい。
頑張って稼がにゃー
(何のために引っ越しんしゃると?と言われそう)
※何のために引越しなさるのですか?と言われそう。







いつもお越しいただきありがたき幸せ。
よろしければ「拍手」をポチッとクリック下さるならば幸甚にて候。
このページのトップへ
iMacは元々Windows 7を同時に使うため購入したとです。
ばってんiMacのメモリは4GB(ギガバイト)。
これじゃまともに動きにくい。
しかもメモリは価格下落で今が入手し時。
早速メモリを増設することに。





増設するメモリはこちら。
4GB×2枚=8GBで、な、何と3480円。
今回はこれを2セット。
つまり16GBに増やすとです。
これはiMacのメモリ搭載量いっぱい。
ばってん、それでも7000円せんとですばい。
ちなみに1ギガ7000円の時代に同じことしたら112000円もかかる!
全く価値が分からんごとなる時代やなあ。

YK019





やってきたメモリちゃん。
頑張るとばい!

メモリ増設






まず、iMacをログオフ、そして電源ケーブルを外す。

メモリ増設 (1)





テーブルにディスプレイを下に寝せたところ。

メモリ増設 (2)





スタンドを持ち上げると、
メモリ交換用のカバーが見える(赤枠)
赤い丸がカバーのネジ。

メモリ増設 (3)






いつもどおり静電気を逃がした後、
手袋をして作業開始。
ドライバーでカバーのネジを外す。

メモリ増設 (4)





カバーを開けると設置されているメモリが見えまっしょう?
これは2GB(ギガバイト)。横に2枚設置されとります。

メモリ増設 (5)






この2GBメモリは不要なので取り外し。
そのうち他のノートパソコンで使ってやろう。

メモリ増設 (6)







こちらが増設する4GBメモリ×4枚。

メモリ増設 (7)





増設するメモリをスロットに挿入。
これが思いのほか堅くて押し込むのに力が要ったとですたい。

メモリ増設 (8)






上下2枚のメモリが収まったところ。
隣も同じように2枚スロットインですたい。

メモリ増設 (9)





メモリを引き出すためのガイドを押し込んでやる、と。

メモリ増設 (10)






んで、カバーを元に戻すとです。

メモリ増設 (11)

メモリ増設 (12)





デスクにセットして、電源ケーブルを装着。
さあさあ、上手く行ってちょうよ☆

メモリ増設 (13)






iMacが無事に立ち上がる。
ファインダーでデータを確かめると・・・、
おおお!ちゃんと16GB(ギガバイト)を認識しとるやないか!
これでWindows 7も導入できるばい!やれやれ。

メモリ増設完了画面

この作業もサブ機と同様、15分もかからずに終了。
もちろん自己責任やけどappleのホームページでも、
デカデカとメモリ交換の手順を載せとるけんの。

いや、しかしメモリ16GB(ギガバイト)のマシンが、
こんなに簡単に手に入ろうとは。
まったく、よか時代たい。

さ、次はWindows 7をiMacに入れ込むばい。
どげんなるか、楽しみ~d(゚∀゚d)






今日もおいでくださりありがとうござんす。
良かったら「拍手」をポチッとクリックしちゃらんですか。
このページのトップへ
Windows 7をインストールしたサブパソコンは、
現在、メモリが2GB(ギガバイト)。
インストールしたWindows 7は64ビットバージョンなので、
メモリを8GB(ギガバイト)まで増やせる。

CPU(中央演算装置)が、
Celeron Dual-Core G530(中の下くらいのレベル)なので、
あんまし期待はできんばってん、
メモリ増設することに。
下記はサブパソコンのシステム内容。
メモリは赤枠の中の通り2GB(ギガバイト)。

YKWS002.jpg





何でメモリ増設しようと思ったかと言うと、
メモリモジュールがウソみたいに安くなっとうとです。
今回使用したメモリモジュールはご覧の通り、
4GB(ギガバイト)2枚でamazonで3480円!
1GB(ギガバイト)の単価は435円!!

YK013

以前、古いパソコンに500メガバイトのメモリを増設した時には、
1枚3500円くらいやったとです。
1GB(ギガバイト)の単価は7000円でござした。

てことは単価は16分の1まで下落!!
使わんと損やろ?





で、やってきたメモリモジュール。
頑張ってちょうーよ!

爆速メモリ増設





メモリモジュールは静電気に弱い。
バチッと火花が飛べば一完の終わり。
なので事前に金属製のものに触れて静電気を逃がしてやるとです。
あ、ついでに手袋もしますばってん。

爆速メモリ増設 (1)





パソコンのパネルのネジを外して、

爆速メモリ増設 (2)





内部が見えたところ。

爆速メモリ増設 (3)





メモリは赤枠。

爆速メモリ増設 (4)





そのままだとハードディスク(補助記憶装置)がジャマして、
メモリモジュールが交換できないので、
ハードディスクのネジを外す。

爆速メモリ増設 (5)





ネジを外したら手前(→の方向)に引き出す。

爆速メモリ増設 (6)





おお!これでメモリモジュールにアクセスしやすくなった。

爆速メモリ増設 (7)





最初から実装されている2GB(ギガバイト)メモリを外す。

爆速メモリ増設 (8)





右が取り外したメモリモジュール。
左の2枚が4GB(ギガバイト)メモリ。

爆速メモリ増設 (9)





メモリモジュールには方向を間違わないように、
丸印のようなキリ欠きがござす。

爆速メモリ増設 (10)





で、ソケットの方にも丸印のように、
キリ欠きを受け止められるようになっとるとです。
これば、間違えんごと注意。

爆速メモリ増設 (11)





いよいよ4GB(ギガバイト)メモリモジュールを装着。
けっこう力が要るとです。

爆速メモリ増設 (12)





無事にメモリモジュール装着完了(赤枠)
ハードディスク(補助記憶装置)を元に戻すっと。

爆速メモリ増設 (14)





パネルのふたを閉めて、

爆速メモリ増設 (15)





パソコンをモニターなどに接続し、
電源スイッチをいれてみると・・・、

爆速メモリ増設 (17)





おおお!起動が速い!

爆速メモリ増設 (16)





デスクトップのカピバラどんが登場するまでに35秒!
メインパソコンより速いやないか!!

爆速メモリ増設 (13)





システムを見てみると、
うむ、ちゃんと8GB(ギガバイト)入っておる!

YKWS003.jpg

と言う事でメモリ増設完了。
ここまで、ものの15分もかかっとりません。
しかも3500円弱で8GB(ギガバイト)に。

いや実際に使ってみると、
そのサクサクぶりにはあっけにとられますばい。
もともと26000円の格安パソコンとは思えん。
余は満足であるぞよ。

あ、そうそう、パソコン扱う時は常識ばってん、
メモリ増設も自己責任ですけん、
十分注意さっしゃれんですか。
いくらメモリモジュールが安くても、
本体がおかしくなったらどげんもこげんもなりまっせんけんな。
              (どうにもこうにもなりませんからね)






今日もおいでくださり、ありがたい事でございます。
よろしければ「拍手」をポチッとクリックいただけませぬか。

このページのトップへ

FC2Ad

Information

よしゆきぱぱ
  • Author: よしゆきぱぱ
  • 1958年12月29日生まれの57歳。
    千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
    マセラティ・クアトロポルテ

Search

Calendar

02 « 2012/03 » 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

プロフィール

よしゆきぱぱ

Author:よしゆきぱぱ
1958年12月29日生まれの57歳。
千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
マセラティ・クアトロポルテ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。