こらよか!

よしゆきパパの日常ですたい。 まあみちゃってんなさいや。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
私のメールマガジンからの転載です。





新しい月の初めから、
ディープでコアな話で申しわけないのですが・・・。
これが現実でして。
まずはこちらをご覧ください。


--------------------------------------- 


【南海トラフ地震で死者13万人の衝撃試算・
11万人が津波被害、西区1万9,000人、
北区1万6,000人、淀川区1万3,000人】
(2013.10.30 Sankei.jp.msn.com)

大阪府は30日、防災会議の
検討部会を大阪市内で開き、
南海トラフ巨大地震による
府内の人的被害の独自想定を公表した。
火災や建物の倒壊などを合わせた死者は、
最大13万3,891人に上り、
その85%超にあたる11万3,991人が
津波で犠牲になるとした。

内閣府が昨年8月に示した
被害予測の約13・6倍となる。

府内の人口のうち30%が、
津波到達まで避難を開始しないとの前提で試算した。
揺れから5分以内に避難を始めれば、
津波で命を奪われる危険はないとも分析しており、
府は「あくまで最悪の想定だ。
津波到達まで十分に時間があり、
落ち着いて行動してほしい」と呼び掛けている。

府が8月に公表した津波浸水被害の想定に基づき、
大阪市内中心部が広範囲で浸水すると仮定。
内閣府の手法を踏襲して津波で
1メートル浸水した地域の死者率が100%になると仮定し、
潮位や時間帯なども死者が最大になるケースを抽出した。

津波の死者の想定は、
地震発生から約2時間後に
最大2メートルの浸水となる
JR大阪駅周辺など高層ビルが立ち並び、
地下街が密集する大阪市北区で約1万6,000人。

西区約1万9,000人、淀川区約1万3,000人と、
市西部の低地も多い。
大阪湾沿岸は堺市が約6,000人、
岸和田市と泉大津市がそれぞれ2,000人弱。

津波以外では、地震で川の堤防が崩れて生じる、
洪水の死者が1万9,000人弱に上る。
このうち淀川水系の神崎川などが流れる
西淀川区が1万3,000人弱と突出して多い。
ほかに揺れによる建物倒壊が約700人、
火災が約200人と続く。

建物の被害想定も示した。
液状化現象や火災、津波などで全建物数の
約7%の18万棟弱が全壊。
府は国よりも地震の揺れは小さいと推定しており、
国想定の半分ほどにとどまった。






これが南海トラフ。
ユーラシアプレートに、
フィリピン海プレートが沈み込んでいるところ。

Nankai_trough_topographic.png





南海トラフ沿い巨大地震の震源域。
東日本大震災と同等かそれ以上。
面積だけでもマグニチュード9クラスは容易に考えられます。

fc2blog_20131110132428627.jpg





津波の高さ。
太平洋岸に比べ大阪は5mだけれど、
防潮堤の整備や、
人口密集度で比較になりまっせん。

4382.gif





-------------------------------------------------------------------- 


大阪府だけで13万人が犠牲に!
想像を絶するような数字ですが、
あながち間違っていないんじゃないか?
私はそう思います。
南海トラフ沿い超巨大地震は、
震源域が西日本の太平洋側で、
海岸から50kmから場合によっては、
陸上にまで広がっています。

震源域に居住する人口は、
東日本大震災の場合が750万人だったのに対し、
南海トラフ沿い超巨大地震では5900万人!
しかも震源域から海岸までの距離が短いために、
津波の到達まで最低10分を切る所も。
大阪は内陸ですから、
津波到達は1時間程度と見積もられています。
しかし住んでいる人口が桁違いですし、
湾岸エリアは埋立地で土壌も弱い。

海岸沿いは工場が集中し、
津波が来れば破壊されて、
残骸が内陸に押し寄せるでしょう。
東日本大震災の巨大津波は、
高さ15m以上もありましたが、
大阪では3m前後。
大した事ないじゃないかと思うでしょ。

しかし津波の恐ろしさは高さだけじゃない。
(いや無論高さも脅威ですが)
そのパワーです。
台風などの高波は海面上部の変化で、
その時だけ高い波がやってきますが、
津波は海底から海面まで繋がった水の壁です。
わずか30cmでも飲み込まれたら人間は抗えない。

東日本大震災でもそうでしたが、
津波がきたらさっさと逃げる。
これしか助かる道はありません。
とにかく命が助かれば、
その後は何とでもなりますからね。

先日、NHKの番組で、
岩手県宮古市田老地区での、
東日本大震災の体験を放映していました。
田老地区には高さ10mという、
世界最大級の巨大堤防が築かれていました。
傍目には磐石の防備に見えます。
ところが東日本大震災の巨大津波は、
あっさりこの巨大堤防を破壊し、
住宅街に雪崩れ込んで180人の命を奪います。

大自然の猛威の前には、
人間のハードウェアじゃ役に立たない。
改めて強く感じました。
田老地区は歴史的に繰り返し津波に襲われ、
そのたびに大被害を出していて、
言い伝えでも津波がきたら逃げろと、
教訓を残していたのです。
しかし巨大堤防のために人々は安心し、
東日本大震災の場合も逃げ遅れてしまいました。

大事なのはハードウェアに頼らない事。
そして気を緩めない事。
確かに今回出された被害想定は、
信じられないような数値で目を背けたくなります。
しかしここが肝心。
東日本大震災は全くの不意打ち、奇襲攻撃でした。
何の予備知識も覚悟も無いところに、
あの巨大地震・巨大津波がやってきたと。

しかし南海トラフ沿い超巨大地震は違います。
こうやって巨大地震・巨大津波が
確実に起こる事を国民が周知できている。
また大変気の毒ながら、
東日本大震災の鮮明な画像や動画が、
これでもかというくらい公開され、
巨大地震・巨大津波の恐ろしさを伝えてくれています。
南海トラフ沿い超巨大地震は、
不意打ち・奇襲攻撃に備えられる。

東日本大震災の尊い犠牲を生かす事は、
我々の使命であると言えるんじゃないでしょうか。
記事にもあるとおり被害者13万人と言う数字は、
最悪の想定であり人々の意識覚悟や対策次第で、
幾らでも低くできるでしょう。
大地震が起きたら一目散に高いところへ避難する。
これさえ実行できれば絶対助かります。
そして生きていれば、後は幾らでも復興できます。
恐怖のイメージや思い込みだけで、
むやみやたらと怯えるのは、
賢明なスタンスとは言えませんよね。

南海トラフ沿い超巨大地震は、
早いか遅いかの違いはあっても、
数十年以内には必ずやってくる。
冷静・客観的な視点で現実を直視して、
合理的・科学的・現実的に対処する。
そうすれば怖いものは無くなると思うんですけどね。







宮古市田老地区にあった、
「万里の長城」と呼ばれた、
高さ10mの防波堤。
しかしマグニチュード9のパワーには、」
歯が立ちませんでした。

54dde8a66f98cd802b53cf63ace7c05c.jpg






本日もお出まし、ありがとうございまする。
よろしければ「拍手」をポチッとクリック下されば、光栄この上ござりませぬ~!
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

よしゆきぱぱ
  • Author: よしゆきぱぱ
  • 1958年12月29日生まれの57歳。
    千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
    マセラティ・クアトロポルテ

Search

Calendar

10 « 2013/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

よしゆきぱぱ

Author:よしゆきぱぱ
1958年12月29日生まれの57歳。
千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
マセラティ・クアトロポルテ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。