こらよか!

よしゆきパパの日常ですたい。 まあみちゃってんなさいや。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
6年前の2011年3月11日。
午後2時46分
宮城県沖を震源とする、
日本の観測史上最大の、
マグニチュード9.0という、
途方もないエネルギーを持つ、
東北地方太平洋沖地震が発生(´-ω-`)

この超巨大地震によって、
巨大津波が三陸~千葉沿岸を襲い、
死者15,894人・
行方不明 2,561人と言う
「東日本大震災」が起きました(x_x;)
(便宜上、東北地方太平洋沖地震を、
「東日本大震災」と呼びます)


2017031803.jpg


あれから6年が経ちます。
「東日本大震災」は、
大きな衝撃を与えるとともに、
地震地質学・防災工学等に、
新しい知見をもたらしました(^_^;)
特に西日本の太平洋沿岸沖にある、
南海トラフという溝でおきる、
巨大地震について、
大きな見直しを迫られる事に(; ̄ヘ ̄)σ

それまでは、駿河湾を中心とした、
「東海地震」が懸念されていました。
因みに「東海地震」の西では、
伊勢湾から紀伊半島にかけて、
「東南海地震」。
さらに紀伊半島から四国にかけて、
「南海地震」。
がそれぞれ発生するとされてきました。

「東日本大震災」の場合も以前は、
岩手沖・宮城沖・福島沖
と言った具合に、
いくつかの海域に分けて、
マグニチュード8クラスの、
巨大地震が起きるものと、
予想されていました。
ところがそれらが一挙に連動して、
「東日本大震災」が起きた!(☆o◎;)

おまけに1707年には、
「東海地震」「東南海地震」
「南海地震」が連動したと思われる、
「宝永地震」が起きた事が、
判明していましたから、
こりゃ南海トラフ沿いも、
次はヤバいかもしれない!(>_<)
と連動型地震を想定した、
シミュレーションが行われる事に。


2017031812.jpg

上が2003年の想定。
下が「東日本大震災」後の想定。


昨年4月16日に、
熊本地方を深度7の激震が襲い、
多大の被害を出した、
「熊本地震」が発生しました。
しかしこの地震は内陸部にある、
活断層が動いたもので、
「東日本大震災」や、
「南海トラフ巨大地震」とは、
メカニズムが全く異なります( ̄― ̄)σ

「熊本地震」は直下にある、
「日奈久(ひなぐ)断層」
「布田川(ふたがわ)断層」
というそれぞれ数十キロの、
活断層が動いたもので、
マグニチュードは7~7.3
こうした活断層が動いて起きる地震を、
「活断層型地震」と呼びます(・ω・)


2017031808.jpg

「熊本地震」で壊れた熊本城


2017031810.jpg

「熊本地震」の震度分布


これに対し「東日本大震災」や、
「南海トラフ巨大地震」は、
地殻プレートの沈み込みによって、
蓄積された歪エネルギーで起き、
「東日本大震災」の場合、
南北500km・東西200kmという、
広大な海底が動きました(*゚◇゚*)
このような地震は、
「プレート境界型地震」と呼ばれます( ̄. ̄;)

で、活断層が動いた「熊本地震」と、
「プレート境界型地震」である、
「東日本大震災」や、
「南海トラフ巨大地震」の、
一番の違いは地震動、
すなわり揺れる時間の長さ、これっ!m9 (`□´)

「熊本地震」の場合、
4月14日の最初の地震でも、
4月16日の地震でも、
揺れた時間は約40秒弱。
同じ「活断層型地震」である、
「阪神淡路大震災」は50秒。
「活断層型地震」の揺れは、
長くとも1分以下で収まります(´ヘ`)=з


2017031811.jpg

「阪神淡路大震災」の揺れも1分以下


ところが「プレート境界型地震」である、
「東日本大震災」では、
岩手県・気仙沼において、
地震計の揺れ時間は、
250秒に達しました!
約6分強!(((( ;゜д゜))))

広大な海底が揺れ動き、
揺れの発生するポイントが、
分散するために次々に、
揺れが押し寄せてくるために、
こんな長い地震の揺れとなるんです(-д-;)
「プレート境界型地震」の、
長い揺れは「長時間地震動」
と呼ばれます(; ̄ヘ ̄)σ

懸念されている、
「南海トラフ巨大地震」も、
まず間違いなく
「長時間地震動」が起きます_| ̄|●
しかも「東日本大震災」は、
震源が海岸から100km以上、
離れていたのですが、
「南海トラフ巨大地震」で、
揺れが発生するポイントは、
陸上にまで広がります(´Д`) =3
当然「東日本大震災」より、
強烈な揺れが長く続くはず!{{{{(゚ぺ;)}}}}


2017031806.jpg


政府・中央防災会議の想定では、
「南海トラフ巨大地震」が起きると、
東から静岡県・愛知県・三重県・
和歌山県・徳島県・高知県・
宮崎県の太平洋沿岸部は、
ことごとく震度7!(゚Д゚;)
内陸部でも震度6強!

また名古屋市・大阪市・京都市
神戸市・岡山市・広島市といった、
政令指定都市が震度6強~弱!(-ω-;)

震源から200km以上離れた、
東京都区部・横浜市・川崎市・
さいたま市・新潟市・福井市・
松江市・福岡市・熊本市等が、
震度5強~弱の揺れ(TεT;)

詳しいシミュレーションを、
知りたい人はこんなコンテンツも。


【朝日新聞・南海トラフ地震の
被害想定シミュレーション】
https://goo.gl/FGIFFf

2017031802.jpg

シミュレーションのトップ


2017031801.jpg

私の住んでいる福岡市早良区のデータ


と言った具合に西日本全体が、
これまで経験した、
最大の揺れに襲われ、
しかもその揺れは、
間違いなく「長時間地震動」!(*´Д`*)
短くても5分以上続くものと、
覚悟する必要があります。

勿論巨大津波も発生しますが、
海岸沿いに住んでいなければ、
直接の被害は無いはず。
「南海トラフ巨大地震」では、
揺れにこそ注意!p(`□´)

こう書いてくると、
何だか絶望的のようですが、
そうではありません( ̄◇ ̄)σ
我々にはアドバンテージがあるっ!d(゚∀゚d)
今後30年間のうちに70%の確率で
「南海トラフ巨大地震」が起きる!
「東日本大震災」のように、
不意打ちを受ける事は無いんです!( ̄- ̄;)

・家具を金具等で固定する
・頭より高い所に物を置かない
・ヘルメットや懐中電灯・
長靴・携帯ラジオ等の用意。
・持ち出し品の準備
・風呂に水を貯めておく
・飲料水や食料の備蓄
・医薬品の準備
・防寒具や毛布の用意
・避難経路・場所の確認
こういった対策を取れる!p(*゜▽゜*)q
「東日本大震災」の時、
被災地の人々は、
これらの準備が殆ど無いまま、
未曽有の巨大災害と、
向き合わされました(T_T;)
それを考えればず~っと、
恵まれていると思いませんか?(; ̄。 ̄)σ

もし順序が逆で、先に、
「南海トラフ巨大地震」
が襲っていたら・・・?
何の備えも無いまま、
超巨大地震を迎えねばならず、
マジで国が滅んだかも~!{{{{(+_+)}}}}



今日もお越しくださりかたじけのうござる。
よろしければ「拍手」をポチッとクリックお願い奉りまする~<(;_ _)>

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

よしゆきぱぱ
  • Author: よしゆきぱぱ
  • 1958年12月29日生まれの57歳。
    千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
    マセラティ・クアトロポルテ

Search

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

よしゆきぱぱ

Author:よしゆきぱぱ
1958年12月29日生まれの57歳。
千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
マセラティ・クアトロポルテ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。