こらよか!

よしゆきパパの日常ですたい。 まあみちゃってんなさいや。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
昨日は2014年12月21日忘年会以来、
久しぶりに小学校の新年会でござった。



会場はいつも使わせてもらっている、
後輩の大賀さんの店「cafe 明估」
すっごいサービスしてもらえたとです。多謝<(;_ _)>

取りあえず揃ったメンバーで、
「カンパァ~イ!」

2016新年会ブログ用 (3)





少し遅れて駆けつけた、
高原さんも交えて再度、
「カンパァ~イ!」

2016新年会ブログ用 (5)





1年以上ぶりなので、
近況報告に盛り上がったとです。

2016新年会ブログ用 (10)




諸石君と古賀君。

2016新年会ブログ用 (9)




古賀君、内田君、棚町君。

2016新年会ブログ用 (11)




北本さんと高原さんの女性陣

2016新年会ブログ用 (13)




一次会の最後にみんなで記念撮影(*^。^*)
やっぱ同級生はよか!

2016新年会ブログ用 (21)

2016新年会ブログ用 (22)




二次会のカラオケ店の前にある、
「のぐちフルーツ」で、
なぜかみんな果物を買い込む( ̄- ̄;)

2016新年会ブログ用 (25)




二次会の様子。

2016新年会ブログ用 (35)




もうすぐ還暦のおじさんとおばさんが、
たわいもなく大ハシャギ(≧∀≦)

2016新年会ブログ用 (38)




二次会から参加の北川君。

2016新年会ブログ用 (39)




こちらも二次会から参加の森さんと拙者。

2016新年会ブログ用 (53)




さらにこちらも二次会から参加の
末松さん(左端)と築城さん(中央)。

2016新年会ブログ用 (49)

この後、同窓生の仲西さんの店「あやめ」で、
真夜中まで、騒ぎ申した\(*^^*)/
一次会から約10時間呑みとおし。
おかげで今日は二日酔い。
さらに喉もガラガラに~(*´Д`*)
でも、みんなと会えて本当に楽しかったやねv(^o^)v
次は池先生ば連れ出して、
6の4で春の宴でもやらかすばいっ!p(*`へ´*)q
というわけでまっこと愉快な一日でござった。




今日もおいでくださり恐悦至極!
よろしければ「拍手」をポチッとクリックお願い奉りまする~m(_ _;)m
このページのトップへ
私のメールマガジンからの転載です。

先日の「復活」専門指揮者、
キャプラン氏に続いて、
新年から、また指揮者の訃報が(;>ω<)
フランスも現代音楽作曲家で、
指揮者としても活躍した、
ピエール・ブーレーズ氏が逝去(T_T;)
90歳だったそうで。
若いころは哲学的・攻撃的な言論を展開。
楽壇を徹底的に批判し、とんがってましたが、
60代に入るとマイルドに。
毛嫌いしていたマーラーにも取り組んで、
交響曲全集を完成させ評判になります。
私の好きな交響曲第8番「千人の交響曲」も、
キレまくっていた頃がウソのような、
重厚な仕上がりでビックリしました(゚Д゚;)
何れにしても惜しい才能でした。
安らかにお眠り下さい(T人T)




■ブーレーズ閣下の代表的CD

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」
ブーレーズ指揮クリーヴランド管弦楽団
(1969年録音)

51CsAQAIBHL.jpg

すんごいとんがったシャープな「ハルサイ」。
ブーレーズ閣下の面目躍如。




バルトーク:オーケストラのための協奏曲
ブーレーズ指揮ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団
(1971年録音)

33_4196872.jpg

ジャケットに書かれた楽器配置で、
当時流行だった4チャンネル再生で、
威力を発揮すると言われた演奏。
こっちも鋭角的です。




マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」
ブーレーズ指揮ベルリン歌劇場管弦楽団
(2007年)

ブーレーズ「千人の交響曲」

記事にも書いた通り重厚で、
骨太の「千人の交響曲」。
上の演奏と同一人物のものとは、
にわかに信じられんほどですばい。

とにかく惜しい才能を亡くしました。
合掌(-∧-;)




今日も、またお越し下さりかたじけない。
よかったら「拍手」をポチッとクリックくだされば有り難く存じまする<(_ _;)>




このページのトップへ
新年、明けましておめでとうございます。
昨日は元日。
例年通り、西新の実家で親族がそろって新年会o(*^◇^*)o




テーブルに並んだお雑煮の椀。

20160101お正月ブログ画像 (1)





まずはお屠蘇から。
一番最初は大腸がんの手術を乗り越えた母者。

20160101お正月ブログ画像 (5)




子ども達も。

20160101お正月ブログ画像 (8)




母者が腕によりをかけた御節の重箱。

20160101お正月ブログ画像 (13)




出ましたっ!
母者の雑煮。これが死ぬほど美味か!

20160101お正月ブログ画像 (15)




ズラ~っ並んだおおごっそう(大ご馳走)
拙者も「がめ煮(筑前煮)」「ゆず紅白生酢」で参戦。

20160101お正月ブログ画像 (17)




それでは新年の「カンパ~イっ!」

20160101お正月ブログ画像 (18)




あっという間にご馳走を平らげ、
大みそかに夜なべした子どもたちは、グースカ(;_ _)
仲良く毛布にくるまってお休みのめいとコナン。

20160101お正月ブログ画像 (24)




落ち着いたところで、
これも例年通り紅葉神社へ初詣へ。

20160101お正月ブログ画像 (27)




出発前に集合写真。パチリ。

20160101お正月ブログ画像 (29)




紅葉神社へ向かう途中にある、
浦賀神社へもお参り~(-∧-;)
20160101お正月ブログ画像 (33)




去年は雪も降って寒かったばってん、
今年は晴れて気温も15cくらいありポカポカ正月。
なので初詣も多そう。
紅葉神社へ向かう道はご覧のとおり。

20160101お正月ブログ画像 (34)




やっぱりというか、
延々と続く長蛇の初詣客。
今までで一番多いかも。

20160101お正月ブログ画像 (37)




晴天に映える門松。
ええ景色やん。

20160101お正月ブログ画像 (52)




境内は人だらけ。

20160101お正月ブログ画像 (54)

20160101お正月ブログ画像 (50)




例年通りおみくじ~(^_^;)

20160101お正月ブログ画像 (48)




帰りがけに寄せ書きするめい。

20160101お正月ブログ画像 (60)




夜は母者による手巻き寿司~!
拙者も「五目中華スープ」で参戦(^_^)

20160101お正月ブログ画像 (66)




本日2度目の「カンパ~イッ!」
ほんに良か正月v( ゚ω^ )v

20160101お正月ブログ画像 (69)




ばあちゃんの手巻きずしに腹鼓v(^o^)v

20160101お正月ブログ画像 (70)

20160101お正月ブログ画像 (71)




母者は11月に大腸がんで手術やったばってん、
予後もすこぶる順調。
まことにめでたい!\(*^^*)/

20160101お正月ブログ画像 (72)




食事の後はお年玉タ~イム。
まずは裕紀から。

20160101お正月ブログ画像 (77)




次がコナン。

20160101お正月ブログ画像 (78)




お次は夏。
義樹と暁は撮れんやった。
スマン<(;_ _)>

20160101お正月ブログ画像 (79)




我が家の子どもたち全員を、
保育園で面倒見てくれた、
育ての親?でもある徳松先生が、
今年も凝ったスィーツを持ってきてくれたとです。
どこからどう見てもお重箱。

20160101お正月ブログ画像 (81)




蓋を開けるとスィーツで作った御節が(゚Д゚;)
すげーっ!(*゚ロ゚*)
徳松先生、ありがとうございました~m(_ _;)m

20160101お正月ブログ画像 (84)




最後に記念撮影。
なんだか妙なポーズですたい(≧∀≦)

20160101お正月ブログ画像 (91)

ばってん今年も無事に年が明けたとです。
良か正月でござした。
ってなわけで今年もよろしくお願いし奉る~っ<(_ _;)>




本日もお越しくださり恐悦至極にござりまする!
よかったら「拍手」をポチッとクリックくだされば有り難く存じまする。

このページのトップへ
昨日は1999年に亡くなった、
親父殿の17回忌でござったとです。




お供えの果物

20151223父上17回忌ブログ画像 (1)





法要前にお供えの花を準備する義樹

20151223父上17回忌ブログ画像 (8)




位牌を準備する母者。

20151223父上17回忌ブログ画像 (10)




たむろする子ども達。
みんなデカいばってん。

20151223父上17回忌ブログ画像 (11)




法要前に記念撮影。パチリ。

20151223父上17回忌ブログ画像 (19)




御坊様がおでましになって、
法要が始まったとです。

20151223父上17回忌ブログ画像 (32)




法要終了後、
位牌を戻した御霊屋で礼拝する母者。

20151223父上17回忌ブログ画像 (34)




その後お墓参り。
ばってん、結構な雨(´・ω・`)

20151223父上17回忌ブログ画像 (35)




傘をさしてのお参り~(-∧-;)

20151223父上17回忌ブログ画像 (39)




その後、愛宕にある、
割烹「よひら」で会食。

YK029




送迎車が迎えに来る、
地下鉄室見駅で待機。

20151223父上17回忌ブログ画像 (49)




待つ事しばし。
やってきた「よひら」の送迎車。

20151223父上17回忌ブログ画像 (51)




室見駅から数分で、
愛宕山中腹の「よひら」に到着。

20151223父上17回忌ブログ画像 (57)




「よひら」の門をくぐる~( ̄- ̄;)

20151223父上17回忌ブログ画像 (58)




アプローチから店内へ~( ̄ー ̄)

20151223父上17回忌ブログ画像 (59)




まずは「乾杯!」(^∇^)
この部屋は13回忌の時も使ったばってん、
博多湾に面したオーシャンビューで眺めが良かとです。
ばってん写真を撮ろうとしたら、
逆光でフラッシュしてもこげな感じに(×_×;)

20151223父上17回忌ブログ画像 (65)




基本的に懐石料理やけん、
若者は足りんやったろうや( ̄. ̄;)
ばってんこれも法事やけんな。しょんなか。

20151223父上17回忌ブログ画像 (66)




最後にみんなで記念写真(*^。^*)

20151223父上17回忌ブログ画像 (70)

これで無事に17回忌が終了したとですたいね。
皆様、お疲れ様でした~<(;_ _)>




今日も、またお越し下さりかたじけない。
よろしければ「拍手」をポチッとクリックお願い奉りまする~m(_ _;)m
このページのトップへ
私のメールマガジンからの転載でござる。


■今から92年前の、
1923年(大正12年)9月1日の
ちょうど今頃11時58分32秒に、
東京・神奈川を中心とする、
関東南部が巨大地震に襲われました。

震源は神奈川県相模湾北西沖80km。
大正関東地震です。
そして世界史でも有数の被害を発生させました。
それが関東大震災。
大正関東地震の規模は、
マグニチュード7.9でした。


seq1005.jpg
<浅草付近・高い建物は、
6階建てで当時最も高かった凌雲閣(りょううんかく)>


この地震によって、
東京・横須賀・甲府・熊谷等が震度6、
宇都宮・銚子・長野・
飯田・沼津・浜松・宮津等が震度5の、
強い揺れに襲われました。
しかし大正当時は、
震度7の階級は設定されていませんでした(´ヘ`)
被害状況から推計して、
小田原など相模湾岸および
房総半島南部で震度7に達したと
推定されています。
また東京においても、
砂町や羽田などの東京湾沿岸や、
三河島など内陸で、
震度7に達したと推定されています(>_<)

お昼時で火を使っていた家庭が多く、
また耐震建築もほとんどない状態。
火災が至る所で発生し、
地震動で建物が倒壊。
さらに神奈川県相模湾沿岸には、
高さ7m前後の津波に襲われました。


OB-YS630_quake8_H_20130830023844.jpg
<燃える銀座周辺・走り始めたばかりの都電>


全くの不意打ちであり、
何の対策もなされていなかったため、
被害は死者行方不明約10万5千人!
60万棟の家屋・建物が、
地震動・火災・土砂崩れ等で失われ、
被害総額は当時のGDP. の4割を超える、
55億円から65億円にのぼったんですね!(゚Д゚;)

すでに第一次世界大戦期のブームによる反動で、
戦後恐慌に陥っていたところへ、
震災はさらに追い討ちをかけたと。
多くの事業所が壊滅したため失業者が激増。
さらに震災の被害によって企業の決済が滞り、
震災による損失を政府が補償する体制が採られますが、
処理がこじれて昭和金融恐慌を起きます(´-ω-`)

そしてやがて世情不安や、
失業者問題解決の矛先が、
1912年に清国が滅び混乱していた、
中国大陸進出に結び付けられて、
同時に軍部の台頭を許し、
泥沼の戦争に突入していくわけです。
「関東大震災」は太平洋戦争の、
遠因と言ってよいほどの災害でした(;>ω<)

「東日本大震災」もそうですが、
巨大地震は被害が広範囲に及び、
社会・経済に深刻な影響を及ぼします。
そして現在ご存じの通り、
神奈川県相模湾沖から、
遠州灘~伊勢湾沖~紀伊半島~
四国南部~九州南東部にいたる、
南海トラフ沿いでの巨大地震が懸念されています。

想定されているマグニチュードは、
最大規模で発生した場合、
「東日本大震災」を上回る、
マグニチュード9.1に達し、
西日本太平洋沿岸は、
最高震度7の強烈な揺れに襲われ、
また「東日本大震災」と同じく、
巨大津波の襲来が予想されています(((;゚─゚))))


TKY201202270097.jpg
<東日本大震災の巨大津波>


ところで地震関連の情報では、
(本記事でもそうですが)
よくマグニチュードと、
震度という言葉が出てきますよね(^_^;)

簡単に言うと「マグニチュード」は、
地震そのものの大きさ(規模)を表すものさし。
一方「震度」は地震が起きた時の、
揺れの強さを表します。

マグニチュードと震度の関係は、
例えば、マグニチュードの小さい地震でも、
震源からの距離が近いと、
地面は大きく揺れ震度は大きくなります。
また、マグニチュードの大きい地震でも、
震源からの距離が遠いと震度は小さくなると( ̄- ̄;)

マグニチュードと震度は、
電球と明るさの関係に例えられます。
電球そのものの明るさを表すのがマグニチュード。
震度はまわりの明るさ。
同じ電球の光でも、
電球からの距離によって明るさは変わるでしょ。
このようにマグニチュードの値が同じであっても、
震源が遠ければ震度は小さく、
震源が近ければ震度は大きくなるわけですよ(´_`;)

当然のことながら、
マグニチュードの値が高いほど、
地震のエネルギーが強くなります。
マグニチュードは対数表示で1増えると、
地震のエネルギーは32倍に!
2増えれば32倍の32倍なので、
なんと1024倍という事に!(*゚ロ゚*)

ざっくりした計算ですが、
マグニチュードで、
様々な出来事を図ると・・・。
後ろの数字はTNTで換算したもの。


御嶽山噴火(2014年)
ロシア・ツングースカ隕石(1908年):
マグニチュード5.0・480 トン

天津爆発事故(2015年)
広島型原爆(1945年):
マグニチュード6.1・2,600 トン

阪神淡路大震災(1995年):
マグニチュード7.3・48万 トン

昭和東南海地震(1944年):
マグニチュード7.9・810万トン

昭和南海地震(1946年):
マグニチュード8.0・1500万トン

「ツァーリ・ボンバ」世界最大の水爆実験(1961年):
マグニチュード8.1・3000万トン

浅間山噴火(1728年)
マグニチュード8.5・1億2千万トン

桜島噴火(1914年)
東日本大震災(2011年):
マグニチュード9.0・4億8千万トン

スマトラ地震(2004年):
マグニチュード9.3・12億トン

チリ地震(1964年):
マグニチュード9.5・35億トン


いやーもうー想像できまへんがな(×_×;)
桁が違い過ぎですばい。
ちなみに広島型原爆の、
約30倍が「阪神淡路大震災」。
その30倍が「東日本大震災」。
その2倍程度の超巨大地震が、
現在懸念されている、
南海トラフ沿い巨大地震という事に(>_<)


img_327237_3084388_0.jpg


で、ですね。
今度は震度を考えてみませう。
前述の通り地震の揺れの大きさを表す尺度が震度。
地震計により観測される値で、
地震の規模、震源からの距離、
地盤条件によって異なると。
日本では震度0から7までの
10階級(震度5と6はそれぞれ強と弱に
1996年10月より分割)
に分けられた気象庁震度階級が用いられています。

1996年4月以後、計測震度計により、
自動的に決定されるようになりましたが、
それ以前は、体感や周囲の建物被害の状況等から、
気象庁職員の判断により決定されていました。

では震度はどう分かれているかというと、
下記のようになります。


震度0:
地震だけど体感できない

震度1 :
座っているとかすかに感じる人もいる

震度2 :
大半の人が気が付くレベル

震度3 :
動いてなければ殆どの人が気が付く

震度4 :
電灯などの吊り下げ物が大きく揺れる

震度5弱:
固定されてない家具が動く。
本棚の本が落ちる。

震度5強 :
捕まらないと歩けない。
ブロック塀が崩れることも。

震度6弱 :
立っていられない。
ガラスが割れる場合がある。

震度6強 :
這わないと動けない。
倒壊する木造建築もでる。

震度7 :
コンクリートの建物でも倒壊の危険がある。


zatsugaku118.jpg
<震度の図解>


とまあ、こんな感じ(´・ω・`)
ここで注意しなければならないのは、
地震の規模が大きくなくても、
震源が近ければ震度が増大するという事。
「阪神淡路大震災」の規模は、
「東日本大震災」の30分の1以下でしたが、
神戸をはじめ被災地は軒並み、
震度6以上の激しい揺れに襲われました。
「阪神淡路大震災」を起こした、
野島断層が神戸直下まで伸びていたためです。
いわゆる直下地震だったと_| ̄|●
ただし、揺れの伝わる範囲は、
エネルギー規模に応じるので、
関西圏内以外はそれほど揺れを感じていません。

さらに震度は強さだけでは測れない、
やっかいな側面があります。
何かというと揺れそのものの長さ。
これを周期と言いますが、
「阪神淡路大震災」では、
揺れの周期が1~2秒でした。

この1~2秒前後の、
地震動としては比較的長い揺れは、
建築物に大きなダメージをもたらします。
特に木造建築は軒並み倒壊する危険が(-_-;)
ゆえにこの1~2秒周期の揺れは、
「キラーパルス」と呼ばれます。
「阪神淡路大震災」では、
直下地震でなおかつ、
キラーパルスが発生したため、
建築物に大被害が発生しました。


ora100117_11.jpg
<阪神淡路大震災で燃える神戸の街>


2015_01_17-0.jpg
<キラーパルスで倒壊した高速道路高架>


2005年3月20日に、
私が住んでいる福岡市を中心に、
「福岡県西方沖地震」に襲われました。
この時のマグニチュードは7.0。
「阪神淡路大震災」より若干小型でした。
しかし震源は福岡市から、
わずか20km程度しかありませんでした。
当然震度は大きく、
福岡市は震度5強だったんです。

規模は「阪神淡路大震災」と比べ、
少し小さいくらいにも拘らず、
また震度5強の揺れでしたが、
福岡市内では倒壊した建物はありません(´ヘ`)=з
(震源傍の島では被害が出ましたが)
これは「キラーパルス」が発生しなかったため。


Fukuoka_Earthquake_20050320_Maruzen.jpg
<福岡県西方沖地震の被害・
福岡中心部ではビルのガラスが割れた程度>


また「東日本大震災」においても、
マグニチュード9.0の超巨大地震で、
震度5以上の揺れに襲われながら、
大半の建物は倒壊せず、
その後の津波で破壊されました。
普通の家屋が津波で、
形を保ったまま流されていく映像が、
ご覧になったことがあるでしょう(´-ω-`)

つまり耐震基準をクリアした建物は、
揺れには耐えられが、
津波にやられてしまったわけ。
従って巨大津波さえなければ、
「東日本大震災」の被害は、
「阪神淡路大震災」より小さかったと、
推測されるんです(;>ω<)

それからもうひとつ。
地震の震度だけでなく、
揺れの継続時間の長さも重要です。
「阪神淡路大震災」で揺れた時間は、
激しい揺れに限れば15秒程度でした。
上記「福岡県西方沖地震」は、
もっと短く10秒を切るくらい。
これに対し「東日本大震災」では、
140秒を超えています(*゚ロ゚*)
さすがマグニチュード9.0、
なんて感心している場合じゃありませんって。

言うまでもなく、
マグニチュード9.0というエネルギーが、
これだけ長さの揺れをもたらしたわけで。
さらに恐ろしいのは、
各地の高層ビルにおいては、
数分間揺れ続けたケースが多くありました(>_<)

高層ビルは揺れでしなる事で、
地震のエネルギーを逃して、
倒壊を防ぐ設計です。
しかし長時間揺れ続ける事は、
殆ど想定されていません。
また建物が倒壊しなくても、
中の人が無事とは限りません。
物体の落下や火災等も起こりますからね。

懸念されている、
南海トラフ沿い巨大地震では、
揺れの時間は10分以上になるという、
身の毛もよだつシミュレーションも{{{{(゚◇゚;)}}}}
さらにこれに「キラーパルス」が起こったり、
巨大津波も想定せねばならないと。

残念ながら現代科学では、
地震の発生自体は止められないし、
正確・精密な予測も、
保証できないレベルでしかありません。
しかし長期的に見れば、
南海トラフ沿い巨大地震は、
いつ発生してもおかしくない時期に来ています。
あるいは「関東大震災」の、
再来とも言える関東直下型地震や
関西中心部での直下型地震も、
起こる可能性も否定できないんです。

そこで大事なのは一人一人が、
正確に情報を理解して、
イザという時に備えておくこと。
「阪神淡路大震災」や、
「東日本大震災」は不意打ちでしたが、
これからはそうじゃないんですからね。
もう想定外は許されない。
そこで情報のリテラシー(理解度)を高め、
予測されている地震災害に備えたいものですp(#`ε´#)


このページのトップへ

FC2Ad

Information

よしゆきぱぱ
  • Author: よしゆきぱぱ
  • 1958年12月29日生まれの57歳。
    千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
    マセラティ・クアトロポルテ

Search

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

よしゆきぱぱ

Author:よしゆきぱぱ
1958年12月29日生まれの57歳。
千人の交響曲・復活・ヴェルディ「レクィエム」
マセラティ・クアトロポルテ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。